女性の40%が、一生に一度は薄毛を発症

女性の40%が、一生に一度は薄毛を発症

髪のボリュームがなくなってきた…
地肌が透ける…
抜け毛が多い…
分け目が広がってきた…

1つでも当てはまる場合、それは薄毛のサインかもしれません?

「薄毛」というと男性のイメージが強いですが、
近年では、女性の方も悩んでいる人が増えています。

事実、20歳以上の女性約40%が、生涯に一度は、
薄毛を発症すると言われています。

薄毛に悩む女性が増加している背景として、
社会進出によりストレス環境にさらされる機会が多くなったことや
極端なダイエットなどによるホルモンバランスの変化、
誤ったヘアケアによる頭皮トラブルが考えられます。

また、女性特有の原因として、
出産更年期障害によるホルモンバランスの乱れ
関係しているケースもあります。

女性が薄毛になる主な要因

・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ
・極端なダイエット
・誤ったヘアケア・カラー、パーマ等による頭皮トラブル

女性の薄毛や抜け毛の原因は多岐にわたり、
脱毛症のパターンも複数あります。

女性が発症する主な脱毛症

びまん性脱毛症
加齢やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが
原因で起こる脱毛症です。

薄毛に悩む女性の4人に1人がこの症状だと言われています。

男性ホルモンが起因することもあるため、AGA(男性型脱毛症)の
女性版「FAGA(女性男性型脱毛症)」とも呼ばれます。

初期段階では、抜け毛が増え、分け目が広がってきたと感じます。
やがて、頭部全体の毛が抜けて薄くなります。

分娩後脱毛症
出産後に発生するホルモンバランスの乱れにより起こる
一時的な脱毛症です。

通常、時間の経過により回復しますが、
早期回復を促す内服薬などもあります。

牽引(けんいん)性脱毛症
日常的に髪を結ぶなど、髪を強く引っ張るなど
頭皮に負担をかけることで起こる脱毛症です。

髪の分け目やこめかみ部分、額の生え際などが
薄くなるケースが多いです。

円形脱毛症
免疫や甲状腺の疾患、自律神経障害などが原因で起こる脱毛症です。
硬貨大の円形の脱毛班が、1か所から数か所に発生します。

ほとんどが自然治癒しますが、
広範囲に脱毛がある場合や長期で続く場合は、
完治するのに時間がかかることもあります。

また、体質によっては再発することも多いと言われています。

薄毛対策は早期に始めたほうが、改善しやすい傾向があります。

また、年々増える抜け毛に悩んでいる方は、
まずは抜け毛をストップし、健康的に育毛する方法へ
切り替えた方が費用を安く抑えることができ、
治療期間も短く済むケースが多いです。

薄毛のお悩みは、男性だけのものではなく
20代・30代から薄毛に悩まれる女性の方も少なくありません。

ミノキシジルなど、現在、日本で「発毛効果」があると
公式に認められている医薬成分もありますが、

ミノキシジルは、当初、心臓病や脳血管疾患、高血圧などの
治療のために使われたお薬の成分として使用されていました。

日本でも血管拡張作用があることから、
高血圧症の薬として使われています。

育毛剤(塗布タイプ)の場合は、内服薬にくらべれば
一般的には副作用の可能性は低いですが、
やはり、薬なので副作用があります。

重篤なケースはそれほど多くはありませんが、
頭皮の痒み、アレルギー反応を感じる方がほとんどです。

女性の場合は、濃度の高いミノキシジルは、
ヒゲや体毛が濃くなったなどの事例もあるようです。

そしてお肌が薄いので、かゆみ赤みも出やすく、
他の塗り薬(ワセリン等)との併用も薬が
過剰に吸収されとされています。

他にも、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの
内的な症状も出やすいとされています。

心臓への影響も一部懸念されており、
呼吸が荒くなるという例も報告されており、

副作用に関しては十分な注意が必要です。

FAGAクリニックや発毛サロンなどに行かれるのも
一つの手段ですが、治療するとなると高額の費用がかかる事を
覚悟しておいた方がよいと思います。

効果は、ミノキシジルには劣りますが、
副作用が不安な方は、他の方法を教えますので
まずは、お気軽にご相談ください。

匿名で大丈夫です★

hair.sabbath@gmail.com

福田宛にメールをください★

※営業中は、ゆっくり相談する時間が取れませんので
電話でのお問合せはお断りしています。

コメント


認証コード2517

コメントは管理者の承認後に表示されます。