オーガニックハーブカラーについての誤解

画像の説明

ご新規様からのお問い合わせがあって、
ちょっと誤解しているようなので、記事にしておきます。

オーガニックハーブカラーっというキーワードで、
うちのお店が引っかかったそうなんですけど、

お客様は、ヘナとか酸性カラーなどをご希望でした。

おそらく、この一文が目に入ったのだと思います。

髪と頭皮への刺激を抑え、艶やハリ・コシ・ボリュームを出す
植物エキスを配合しながら、少量の酸化染料(カラー剤に入ってる成分)を足し、
安定した色味を実現

髪と頭皮への刺激を抑えたオーガニックハーブカラー
http://goo.gl/e281pa

これは、カラー剤のパンフレットを元に制作した記事なのですが、誤解があるのが、
オーガニックハーブカラーがヘナとか酸性カラーだと思っているという事です。
明言しておきますが、オーガニックハーブカラーは、アルカリ性です。

なぜオーガニックハーブカラーを使っているかというと、

ヘナ、酸性カラーには、髪を明るくする力はありませんし
ヘナの場合一回塗ったところで、色は入りません。

酸性カラー(マニキュア)の場合、地肌つくとなかなか取れないので
染めて欲しい白髪のある根元はあけないといけません。

あと、全員ではないですが、サバスのお客さんは、
チョコレート色くらいの少し明るめの色を希望される方が多いです。

以上の理由から、

結果も読みやすく、明るく白髪も染まり、髪と頭皮への刺激を抑え、
艶やハリ・コシ・ボリュームを出す植物エキスを配合の
オーガニックハーブカラーを選んでいます。

※刺激を抑えていると言っても、肌が弱い方や体調が悪い方は、
ヒリヒリする場合があります。

コメント


認証コード3287

コメントは管理者の承認後に表示されます。