だから、なんやねん?

だから、なんやねん?

画像の説明

ミディアム 顔周りの変化
http://sabbath.chu.jp/index.php?QBlog-20141107-2

・・・の続きです。

切る角度でヘアスタイルが変化するのはわかった
だから、なんやねん?

また美容師が、自己満足で
御託を並べてると思ってるでしょ?

わかりますよー、この記事を読んでる
あなたの気持ちが!手に取るように!

レイヤーとか、グラデーションとか
もう使い古された言葉ですよね?

ココからが、Sabbathの真骨頂です。

そう、お客さんが知りたいのは、
もう一歩先、そのレイヤーとか、グラデーションを
入れたらどないなるんですか?って事ですよね?

基本的に、
レイヤーを入れると軽さや動きが出たり、
ブローの時に、内に入れたり、髪が流がれやすくなります。
グラデーションは、逆に重さを出してメリハリを出します。

その組み合わせで、ヘアスタイルにバリエーションができます。

・・・で!
やはり、素材によって向き、不向きがあります。
以前書いた記事ですが、以下の4記事が参考になります。

似合うヘアスタイルの秘密は顔の形にある
http://sabbath.chu.jp/fwd3/kaogata

下ふくれ 型 の 似合うヘアスタイル
http://sabbath.chu.jp/index.php?QBlog-20140918-2

第一印象を左右するフロントデザイン
http://sabbath.chu.jp/fwd3/front001

顔の形にあったスタイルを選ぶ3つのポイント
http://sabbath.chu.jp/index.php?QBlog-20131019-1

素材よる似合わせは以上ですが、
クセ毛などの要素も入ってきます。

メイクやファッションにも左右されますが
あえてヘアスタイルのみでカテゴリー分けをするなら、

◆ストレートヘアがお好みの場合は、ツヤ感が絶対条件として、
ナチュラル、カジュアル、モードなどの雰囲気になります。

この場合、髪の落ち着きが必要なので、
ミドル、アンダーセクションはグラデーションで
軽くしたとしても、セイムまでです。

日本人形のようなモードな雰囲気にする場合は、
グラデーションもしくは、角度をつけずワンレン
もしくは、イングラ(内側にグラ)・・・で作ります。

顔周りに軽さが欲しい場合、オーバーにハイレイヤーを入れます。
シャギーっと言えば雰囲気が伝わるでしょうか?

◆フェミニン、エレガント、コンサバの場合は、
コテもしくは、パーマで動きをつけた方が雰囲気が出るので、
軽くなりすぎない程度に、レイヤーを入れます。

ストレートとの違いは、アンダーも、レイヤーもしくは、
角度をつけたグラが入る所です。

ちなみにパーマは、トップからはかけず、
頬骨やアゴライン下などからあてるとよりフェミニン、コンサバな
雰囲気になります。

エレガントはやや上からのボリューム感があるイメージです。

◆ガーリー、カジュアル場合は、顔型、骨格的に似合うとされる
ひし形バランスの中でも、重みのポイントがどちらかと言えば、
下の方にありますので、ミドル、アンダーは、グラの可能性が高いです。

ウェーブを足す事で、よりガーリーな雰囲気になると思います。

◆横顔美人、小顔や絶壁のカバーなどコンプレックスを解消する「くびれ」
この髪型は、カジュアル、ナチュラル、フェミニン、コンサバなど
だいたいのカテゴリーに適応できます。

カットの仕方によっていかようにもできるので、
ジャンル分けはなかなか難しいです。

オーバー、ミドル、アンダーが、骨格によって切り方が
レイヤーにもなるし、グラにもなります。

オーバー、アンダーを繋げない場合もよくあります。
2セクションと呼ばれるモノですね。
簡単な話、昔流行した姫カットみたいなモノです。

いかがでしょうか?
ちょっとは、参考になれば幸いです。

こいつ、他の美容師とちょっと違うなと思ったら
一度切らせてください。頑張ります☆

コメント


認証コード0527

コメントは管理者の承認後に表示されます。