髪と頭皮への刺激を抑えたオーガニックハーブカラー

お知らせ☆

そんな極端な変化ではなく、マイナーチェンジですが、
お値段はそのままに、グレイカラー(白髪染め)が
パワーアップしました☆

今までも、良草カラーとか、香草カラーとか
ハーブ系カラーだったんですけど・・・

なにやら、オーガニック成分が追加されたカラー剤だそうです。
リンク先でも書いてますけど、厳密には、ケミカル系も入ってるから
完全オーガニックでもないんですけどね・・・

オーガニックの意味は、ちょっと意味不明ですが・・・
実際された方は、体験してると思いますが
手触りが、トゥルントゥルンでツヤツヤです☆

お試しアレ☆

通常カラーは、
赤、ピンク、オレンジ、アッシュ、バイオレットなど
色味がはっきりわかる色は、
オーガニックハーブカラーでは、
表現しにくいです。泣

ブラウンやベージュなどは問題ないので、
オーガニックハーブカラーに替えていきます

オーガニックハーブカラー

保湿・保護効果に優れた6種のハーブエキス、補修・保湿成分に加えて、
厳選された5種類のオーガニックハーブエキスを配合。

髪にやさしく、頭皮への刺激を抑え、
天然由来の保湿成分がうるおい・つやめく美髪に導きます。

鮮やかな色味と白髪の染まりを両立したグレイファッションラインは、
厳選されたラインナップで白髪をしっかりカバーしたいお客様から、
ファッションカラーのように色味を楽しみたいお客様まで対応できます。

うるおいを保ち、つやめくクリアな色味のファッションシェードラインは、
サロンカラーならではのきれいな髪色を表現できる発色の良さと、
より長くヘアカラーを楽しんでいただける色持ちの良さを実現。

色味にこだわりのある幅広い世代のお客様一人ひとりに
様々なカラーデザインをご提案することが可能です。

※全てのお客様、全ての頭皮・毛髪のコンディションに対して、
アルカリ成分や染料による反応が皆無ではありませんのでご注意下さい。

配合されているナチュラルハーブエキス

オーガニックハーブカラー
オーガニックハーブカラー

Q&A

Q へナとは違うんですか?
A 
天然成分100%のへナとは違います。
ヘナは、確かに頭皮や髪質の改善になります。

しかしながら、
天然成分100%のヘナ単一では、
髪の表面に吸着するだけですので、
白髪は染まりますが、マニキュアと同じく
黒い髪を明るくはできませんし、

産地や収穫時期によって発色が異なります。
髪の質によって、色が強くでる場合もありますし、
色が出にくい場合もあります。安定した色を出せません。

表面吸着ですから、何回もヘナを続けられている人は
カラーチェンジができなくなります。

パーマも薬剤が浸透しないのでかかりません
無理にかけようとすると、髪のダメージを引き起こしますから
パーマは、やらない方が良いかと思います。

そこで、
髪と頭皮への刺激を抑え、
艶やハリ・コシ・ボリュームを出す植物エキスを配合しながら
少量の酸化染料(カラー剤に入ってる成分)を足し、
安定した色味を実現し、パーマやカラーチェンジも可能にしたのが
オーガニックハーブカラーです。

Q 植物系のカラーって臭いがキツいって聞いたんですけど・・・
A 
臭いは、今まで使用してきたカラー剤の中でも、かなり抑えられてると感じます
どちらかというと、自然な良い香りです☆

コメント


認証コード5615

コメントは管理者の承認後に表示されます。