お客さんから見たパーマのイメージ

パーマってどんなイメージがありますか?

基本的に、パーマは、ボリュームを出したり、ウェーブを作ったり
クセをつけるためのモノですが、

お客さんの中には、パーマかけると
そのまんまっでOK的なイメージがあるみたいです。

欧米人風味のクセ毛をイメージするみたい

実際、かけてみたらわかるけど、
なにもつけずに、そのまんまだと、まとまりが悪い
オイルやワックスなどのスタイリングをつけて落ちつかせないと
なんかモサモサになるし、変にハネル

欧米人の髪は、基本的に、油分が多いので
そのままでも、わりと、まとまりますが・・・

だいたいの場合は、何かスタイリング剤つけないと
スタイルとして、成り立たないと思います。

番外編で、ドレットやハードなアフロとかのブラックヘアだと
乾いた質感がカッコよかったりするけど・・・

ブローやスタイリング剤をつける習慣がない人がパーマをあてるのは
あまりオススメしないですね

逆に、スタイリング剤をつけるのに慣れている人は
パーマをあてるとセットがすごく楽になります。
ワックスとかでパッとサッと出来ちゃいます。

ブローされる方も、毛先に丸みがある分
まとまりやすく内巻きなどが、やりやすい

コテやカーラーを巻かれる方も、ストレートに比べ
持ちが格段に上がります。

つまり、
パーマは髪に、ナニも手をかけない人には、逆にデメリットになり
普段からセットされている方には、パーマをかけるとメリットがあるということです。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード8666

コメントは管理者の承認後に表示されます。