いろんなオイル

はじめに

画像の説明

乾燥対策、美肌のために天然オイルを使った美容ケアが一般化してきましたね。

営業中では、パサパサの髪の毛が落ち着けばいいよね~ぐらいに
考えていたのですが、いろいろ種類もあるし、お客さんからも、
ちょこちょこ聞くので調べてみました。

どうやら酸化しやすい油分が髪や頭皮につくと、取れにくくなるから、
酸化しにくい製品を使った方が良いとの事

理屈的には、
フライパンにバターをひいて料理した後、
洗わずに放置すると酸化したバターがこびりついて剥がれにくくなる。
それと同じような事みたいです。

エイジングケアに効果的なのが、
「抗酸化作用」の強いオイル

老化とは、体が酸化し、錆び付いてしまうことです。
抗酸化作用とは、この身体が酸化するのを防ぐ、
老化を食い止めることに役立つ働きがあります。

ホホバオイル

米国アリゾナ州や、オーストラリア、イスラエルなどの乾燥地帯に
生息する多年草で、このホホバの木の実を圧縮して抽出したのが
ホホバオイルです。

含有成分

ワックスエステル、ビタミンE、ビタミンA、カロチノイド、
ステアリン酸,アラキン酸,パルミチン酸、オレイン酸、リノレン酸、
エイコセン酸、ベヘン酸、エルカ酸などです。

90パーセント以上が、ワックスエステルです。

ワックスエステルとは?
「ワックスエステル」は、私たちのお肌に含まれている
「肌を作っている肌成分」で、特にお肌の表面の角質層には
20~30%も含まれているものです。

ある実験データでは70℃以上の高温で4日間熱し続けても
品質変化がなかったという実験データがあるほど抗酸化作用が高く、
人工心臓の潤滑油としても使用されるほど安全性が高いオイルです。

皮膚の成分に近い万能オイル

ホホバオイルは、人の皮膚の油脂主成分である
ワックスエステルを9割強含み、

皮膚の角質化や乾燥化を防ぐビタミンA、
皮膚や髪などの再生を促進するビタミンD
血流を促すビタミンEなどが含まれています。

元々皮膚に含まれる成分ととても近いので、
肌馴染みが良く、肌質を問わずに使える万能オイル。

塗る事でアトピーのガサガサ肌を補い、外界からの異物の進入を防ぎ、
かゆみを引き起こす原因も沈めてくれます。

皮膚の新陳代謝を活性化させ、角質硬化を予防し
殺菌力や保湿力から高いスキンケア効果があり、
紫外線をカットする効果があるので、
美肌作りに欠かせない要素を持ち合わせています。

抗炎症成分も含んでいるので、皮脂の過剰分泌を抑制する効果と相まって、
ニキビや吹き出物などのトラブルを予防し、健康的な肌に導きます。

オイルなので、日焼けする印象がありますが、
日焼け止めにも効果があります。

ビタミンを多く含有し、抗酸化作用があるため、
紫外線のダメージからお肌を守ってくれます。

保存がしやすいのも魅力

極めて品質が安定しており、ほとんど腐敗しないことが大きな特長です。
安定性が高いので酸化しにくく、防腐剤などの添加物を加えなくても長期保存が可能。
酸化しにくいので日中でも安心して使えます。

アルガンオイル

モロッコのアカテツ科のアルガンという植物の種子から採取される油です。
樹の高さは7~10mほどで、根は地下30mも伸びて水分を吸い上げます。

含有成分

アルガンオイルの成分は、オレイン酸(43.2%)、リノール酸(38.1%)、パルチミン酸(11.6%)、ステアレン酸(5.3%)、
リノレン酸(0.1%)

オレイン酸は、人の皮脂に最も多く含まれる成分です。
人の皮膚組織の約40%ちょっとがオレイン酸です。

アルガンオイルは、抗酸化作用の高いビタミンEの豊富さにも
着目されています。

リノール酸、カロチンやポリフェノールなど抗酸化力の高い成分が豊富です。

整肌効果と老化防止効果の高さから、人気のオイル

酸化しにくいオイルなので、夜だけでなく日中にも使用でき、
紫外線を防ぐ効果もあります。

抗酸化作用のある高級オイル

天然植物オイルの中でも、特に抗酸化物質であるビタミンEが豊富。

さらに非常に抗酸化力に優れたトコフェノールと
体内に必要な必須脂肪酸であるリノール酸も約3割含んでいます。

オレイン酸も多く含まれているため、老化を進める活性酸素を除去し、
血行促進に働くので、みずみずしい肌を実現し、
高いアンチエイジング効果が期待できるのです。

新陳代謝が活発になり、肌細胞を活性化する事によって、
肌のトーンがが明るくなって、余分な角質が取り除かれることにより、
肌のキメが整ってきます。

[check]クレンジングには注意
浸透性が高いために、メイクを落とすクレンジングオイルとしての利用は、
皮膚の中に汚れも染み込ませてしまうため、注意しなければなりません。

クレンジングではなく、美容液としての使い方が良さそうです。

モリンガオイル

アフリカ、インド、東南アジアに原産する木で、葉、根、茎、種、
全てを無駄なく活用でき、栄養価が高いことから
「奇跡の木」と呼ばれています。

根に水のタンクを作り、1年で4~5m以上も伸びていく
エネルギーを持っています。

オレイン酸(70−75%)、パルミチン酸(6−10%)、ステアリン酸(8%前後)、
ベヘン酸(6%前後)、アラキドン酸 (4%前後)、
パルミトオレイン酸(2%前後)、リノール酸(1%前後)が含まれています。

オレイン酸、パルチミン酸、ステアリン酸、ベヘン酸、
これら全て酸化しにくい成分です。

モリンガは、人間に必要な必須アミノ酸をすべて含む唯一の植物と言われています。

抗酸化作用の強いポリフェノールは、赤ワインの8倍、
ビタミンCはオレンジの7倍、ビタミンEは卵の96倍含まれています。

ココナッツオイル

亜熱帯性気候の沿岸部に原産しています。
産業レベルでの生産は、フィリピン、タイ、インドネシアなど、
東南アジアが目立ちます。

ヴァージンココナッツオイルはその92%が飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は、酸化しにくいという特徴があります。

ヴァージンココナッツオイルには約50%のラウリン酸が含まれています。

ラウリン酸とは?
ラウリン酸は母乳に約7%含まれており、自然界には、
ココナッツオイルに最も多く含まれています。

ラウリン酸には免疫力を高め、細胞を強くする働きがあるからです。

スクワラン

・シンプルで皮膚に近い成分が魅力

深海サメの肝臓の油(スクワレン)を蒸留・精製したオイルのこと。
健康な肌の皮脂には、平均3~4%のスクワランが含まれ、
皮脂膜を健康に保っています。

「スクワレン」という単一の成分で構成されていて、
アレルゲンとなる確率が極めて低いものなんです。
シンプルな成分だからこそ、敏感肌や赤ちゃんにも安心して使えます

スクワランを補うことで若々しい肌に

スクワランが減少する と細胞に十分酸素を供給できなくなり
細胞の老化が進みます。

老化を食い止めみずみずしい素肌をいつまでも保つためには
スクワランは効果的です。

肌の保湿、クレンジングオイルとして
ヘアケアには、髪にうるおいを与え、
地肌に使えば地肌の代謝をよくしてくれます。

また肌を柔軟にする性質を利用して、
ひじ、ひざのケアや妊娠線予防にも利用できます。

グレープシードオイル

ブドウの種から得られた油を精製したオイル

・軽いのでマッサージにも適したオイル
軽くさっぱりとした質感が特徴の大変使い易いキャリアオイルで、
アロマテラピーでは、スイート・アーモンド油、ホホバ油と並んで良く
使用されます。

''さっぱりとした質感で、油っぽい感触はまったくなく、
香りにも癖が無い''、とても使いやすいオイルです。

アレルギー性が非常に低いことから、
敏感肌やアトピー肌の方にもお使いいただけるほか、
さらっとした感触なので、オイリー肌やコンビ肌の方にもおすすめです。

美容成分や栄養分はそれほど高くありませんが、
その軽い感触を活かして高栄養価で重めの感触の美容オイルに混ぜて、
伸びをよくするのにも便利です。

クリームや乳液、クレンジングオイルの材料にもおススメです。

オリーブオイル

古くから使われる栄養豊富なオイル

スキンケアに効果がある成分としてはビタミンAやE,オレイン酸など。
ビタミンA,Eは血行促進,新陳代謝の正常化,抗酸化作用,
アンチエイジング効果などがあります。

オレイン酸は、角質の水分保持に有効です。

・粘性高めで特に老化肌・乾燥肌向き

オリーブオイルの主成分は、70%を超えるオレイン酸です。

オレイン酸は、人の母乳や皮脂に最も多く含まれる成分で、肌の乾燥を防ぎ、
保湿力を高める働きがあります。抗酸化作用が高いことも特徴のひとつです。

オレイン酸が乾燥肌に適し、抗酸化作用が高いので老化肌に適しています。

肌の保湿やにきびなどに対する局所的な抗炎症作用効果や、

紫外線を良く吸収するため、
肌に直接当たる紫外線の量を大幅に減らす効果も知られています。

オリーブオイルクレンジングは、毛穴の奥の汚れまで落としながら、
オレイン酸効果で保湿が保たれます。

マカダミアナッツオイル

・浸透性が高く、アンチエイジングに効果的

バルミトレイン酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれ、
人間の皮脂の成分に近い、お肌に優しいオイルです。

加齢と共に減少するパルミトレイン酸を20%以上と豊富に含む(植物オイルでは1位)ため、
アンチエイジングに高い効果のある美容オイルとして知られています。

ホホバオイルなどが肌の表面の保湿に優れているのに対して、
マカダミアナッツオイルは肌の内部へと浸透する性質が高く、
ヴィークル効果と言われる一緒に使う化粧品の浸透を助ける効果があります。

そのまま使っても、ベースオイルとしても、手作り石鹸などコスメの材料にも使えます。

ローズヒップオイル

粘性が高く、しっかりとしたテクスチャーながら、
肌馴染の良い特徴があり、独特の香りがします。

・必須脂肪酸やビタミンなど栄養豊富

お肌を作り上げるのに必要なオレイン酸をはじめとする不飽和脂肪酸
お肌に欠かせない天然ビタミンA・C・Eを豊富に含みます。

ローズヒップオイルは天然の美白成分「トランスレチノイン酸」を豊富に含んでいます。

美白化粧品に配合されている「レチノール」はこれを人工合成したもの。

他にも、オレイン酸、リノール酸、リノレイン酸、ガンマリノレン酸、リコピン
、ビタミンCなどを含んでおり、皮膚細胞の再生力を高め、傷跡の改善、
シワやシミの改善などが期待できるアンチエイジングオイルとして定評があります。

・美容液として効果的

損傷した肌を回復し保護膜のように外部ストレスから皮膚を守り、
日焼けや色素沈着、乾燥、肌荒れ、小じわ、年齢による肌細胞の衰えなどを
抑制する効果があると言われています。

就寝前に数滴、手のひらにとってマッサージしながら全体に延ばしたり、
にきびやしわなど局所に使用するのが基本。

酸化しやすいため日中の使用は避け、夜のスキンケアに使用します。

肌に必要な栄養素の必須脂肪酸ビタミンを含むローズヒップオイルは、
まさに美容液として、効率的に美容効果を得られる万能オイルなのです。

[check]保存には注意

必須脂肪酸を含むオイルは酸化しやすい特性があるので、
開封後は冷蔵保存をし、使用期限を守ることが大切です。
小さめのものを購入し、集中ケアをするつもりで一気に使うのがおすすめ。

椿オイル

別名:カメリアオイル

ヘアオイルとしてのイメージが強いですが、
クレンジングやオイルパックにももちろん安心して使えます。

・日本でも古くから馴染みのあるオイル

保湿力があるオレイン酸が約85%~90%と、
オリーブオイルより豊富に含まれておりますが

その一方、リノール酸が約24%と極端に少ないため、
肌になじみやすく酸化しにくい安定性が高いオイルです。
肌の成分に近いので安心

肌に馴染みやすく、保湿機能のセラミドを助ける働きを持っているため、
高い保湿能力を持っていますし、

水分蒸発抑制作用から肌を柔らかくする効果もあります。
それだけにとどまらず、殺菌効果や、紫外線吸収が強い特徴を持ち合わせています。

シアバター

「バター」とはいっても植物油脂
肌にのせると体温でオイルになります。

主成分は、高保湿成分・柔軟成分が含まれるステアリン酸と、
皮脂に近い成分で、抗酸化作用のあるオレイン酸です。
保湿効果が高く、敏感肌の人でも安心して使える

・高い保湿効果と抗酸化作用
ビタミンEなどの抗酸化作用を持つ成分が多く含まれています。

シアバターに含まれる美容成分であるトコフェロールに抗酸化作用があります。

保湿成分で肌をうるおし、抗酸化作用でハリやツヤを保ち、
抗炎症作用で肌のダメージを軽減します。

また、紫外線をカットする日焼け止めとしての効能も持っており、
UVケアを持った化粧下地としても役立てることができるのです。

ガーナでは、新生児を紫外線や乾燥から守るために、
生まれてすぐ全身に塗布するそうです。

馬油

火傷、肌荒れ、ひび、あけぎれ、切り傷、痔などの民間治療薬としても、
昔から使われてきました。

・人の皮脂に極めて近い天然油脂

馬油はお肌との相性が非常に良く、馬セラミドが肌の角質層まで浸透し
不足する脂質を補いお肌を健やかに保ちます。

・強力な浸透力が特徴

一番の特徴は、強力な浸透力です。
人間の皮脂と似た成分のため、肌の角質層にまで浸透します。

馬油が皮膚の隙間に浸透して細胞間に皮脂が満たされている
潤った状態と同じ状態になります。

血行促進効果もあります。
馬油を塗ったところは血流がよくなるので新陳代謝もよくなります。

素早く広がり浸透・保湿することで血液の循環を促進します。

・抗酸化作用・殺菌作用
馬油は素早く広がり表面に油膜を張って外部と遮断すると共に、
浸透することによって内部の空気を追い出し酸化を防ぐ作用が生まれます。

この状態では細菌は皮膚に入り込めませんし
中に入った細菌も囲い込んでしまいます。

スイートアーモンドオイル

・赤ちゃんにも使えてマッサージに適したオイル
するすると滑らかなオイルで、初心者でもセルフマッサージをしやすいオイルです。

粘性があり、ゆっくりと浸透して作用は穏やかなので、
敏感肌や乳幼児にも安心して使えるオイルです。
手作り化粧品の材料としても人気です。

アロマテラピー初心者にも

アロマテラピーで最もよく使われる代表的キャリアオイルです。

心地よい滑らかな肌触りで、なじみがよく、
ボディーマッサージ、フェイシャルマッサージ、ハンド、フットマッサージのいずれにも適しています。

初めてアロマテラピーマッサージをする方は、まずスイートアーモンドオイルを使ってみてください。

比較的皮膚の奥にまで浸透するので、アロマテラピーの精油成分を運ぶ
キャリアオイル(ベースオイル)として好まれて使用されています。

・栄養も豊富なオイル

スイートアーモンドオイルはオレイン酸やリノール酸などの必須脂肪酸を多く含んでおり、
肌の修復、保護、保湿を促します。

植物の中でももっともビタミンEが含まれており、
肌を柔らかくする作用があります。
また、保湿作用、抗炎症作用も期待できます。

[check]保存に注意
やや酸化しやすいため、開封後は冷蔵庫で保存し、
2ヶ月を目安に使い切りましょう。

結論

砂漠気候、亜熱帯性気候で育った植物の天然オイルは、抗酸化作用が強い

どのオイルが良いのか?

ホホバオイルは、バリア機能が強く
他のオイルと比較すると、浸透というより若干膜を張る感じを受けるかもしれません。

アルガンオイルは、肌に近いオレイン酸含有量なので、
馴染みやすいでしょう。

モリンガオイル抗酸化作用がとても強く、
肌馴染みも良いでしょう。

また、バランス良くたくさんの栄養素が含まれており、

特に、髪の健康に役立つ良い亜鉛やビタミンCを
豊富に含んでいるので、フェイスケア、ヘアケアに最適です。

ココナッツオイルは、免疫力を向上したい場合にとても良いでしょう。
美容に外用するのもいいですが、

むしろ、食事に取り入れていきたいオイルです。

酸化しやすいオイル

グレープシードオイルや、ローズヒップオイル、スイートアーモンドオイル、馬油
酸化しやすいオイル

オイルを選択する際の注意点

[check]1. 未精製のオイルを選ぶこと

未精製のオイルは一般に収穫されたばかりのココナツから圧搾されたもので、
加熱されていることはめったにありません。

そのため、精製されたココナツオイルよりも香りがよく、栄養価が高いのです。
一般的に「バージン」や「エクストラバージン」などの名称が付けられています。

一方、精製ココナッツオイルは、乾燥ココナッツを漂白液に漬けたあと、溶媒を使ってオイルを抽出します。それを高温で熱してさらに不純物を除き、液化します。

このように
熱が加えられるため、精製ココナッツオイルにはココナッツの味も香りもほとんどありません。

これは、ココナッツオイルの例ですが、
天然オイルは、より栄養価の高い未精製オイルに限ります。

白砂糖より、黒砂糖が、白米より、玄米が栄養価が高いのと同じ原理です。
精製により、扱いやすくしていますが、植物本来の持つ良さ、
栄養価を奪っているのです。

[check]2. 天然オイルは、素材そのものの匂いがする

ヴァージンココナッツオイルがココナッツの匂いがするように、
未精製の天然オイルは、精製していませんから、素材そのものの匂いが残ります。

例えば、大手化粧品会社が、「モリンガの花」という香りを出していますが、
そもそも、種子が採取できるようなモリンガは大木で、芳香はしません。

「良い匂いがする」のは、後から加えられた匂いです。
本来のヴァージンモリンガオイルは、木の香りです。

[check]3. 100%天然オイルを選択すること(オイルの配合率に注意!)

100%天然の良質な未精製オイルは、効果なものです。
従って、大手化粧品会社では、「アルガンオイル」という名称を容器に謳っていても、
実は、そのオイル配合率が5%以下ということもよくあります。

よく裏表示を確認して、賢く消費者が成分チェックする必要があります。

[check]4. オーガニック認証は絶対的な判断基準にはならない

オーガニック認証を見ると、なんとなく良いものと安心して、
手を伸ばしている方も多いのではないでしょうか。

実は、この「オーガニック認証」の商品は、
全ての原材料にオーガニック材料が使われているとは限りません。

また、この「オーガニック認証」を獲得し、維持するには、
かなりの費用が生じます。

従って、大手しか手が届かず、昔ながらの製法で
丁寧に手作業しているような会社ではなかなか難しいのが現状です。

素材そのものが表れる天然オイルの場合、
やはり販売会社がどれだけ生産者を知っているか、
どのようにその素材を選択しているのかなどを
基準の一つに入れると良いでしょう。

実際に、どのような商品なのかは、表示内容や、どのようなこだわりがあるのか、
ホームページなどを確認して総合的に賢い自己判断をするようにしましょう。

コメント


認証コード8736

コメントは管理者の承認後に表示されます。