女性が薄毛になる原因

アンチエイジング

薄毛や抜け毛など、髪に関する悩みを持っている女性は
近年、増加傾向にあります。

「女性はどうして薄毛になるの?」

健康なヘアサイクル、乱れたヘアサイクル

健康なヘアサイクルでは、長くて硬い髪が抜け、一日平均100本前後が抜けます。
乱れたヘアサイクルでは、短くてやわらかい髪が抜け、抜ける本数が目立って多い

加齢、ストレス・・・女性も様々な原因でヘアサイクルが乱れます。

加齢年齢とホルモンバランス

女性が薄毛の原因として実感やすいのは加齢ホルモンバランスの変化が
原因になっている場合が多くあります。

女性にとって「髪は命」、年齢とともに衰えを感じていくのは、
とっても悲しい事です。

でも現実にはだんだん髪のハリやコシがなくなり
白髪薄毛抜け毛など、さまざまな形で
加齢変化」が目立ってきます。

髪の密度は20歳がピーク、太さにおいては35歳がピーク。
その後は密度・太さともに衰えていき、
30代後半くらいから「'髪のうねり」も目立ってきます。

そして40歳前後で急に髪の衰えを感じる女性が増えます。
さらに出産更年期といったホルモンのバランスの崩れ
薄毛・抜け毛を悪化させてしまいがちです。

さまざまな家庭内問題に加え、仕事や人間関係など、
あらゆる類のストレスと闘っているのですから、
こうした髪の悩みを抱える方が増えていくのは
当然のことなのかもしれません。

髪の悩みを抱える女性は増え続けており、
その年齢層も幅が広がってきています。

髪の悩みを自覚される年齢が若年化している一方で、
60~70代以降でも積極的に髪のことを考えようとしている方が
とても多くなっているように感じます。

女性の薄毛には血流不全やホルモンバランスの乱れ等が関与

女性の薄毛は、主に血流不全やホルモンバランスの乱れなどが
原因になっていることが多いのですが、ストレスをはじめ、
他にも遺伝的要素を含め様々なものが原因として関与しています

ただ、タバコは吸わない、睡眠不足は禁物、
過激なダイエットによる栄養不足・ホルモンバランスの乱れに要注意、など、
日々の生活上で気を配っていただきたい点はたくさんあります。

こうした要因が頭皮の血流を悪くし、
結果として髪をつくるのに必要な栄養が行き渡らなくなって
抜け毛が増えたり、健康な髪が生えにくくなったりするのです。

食事のバランスもよく考え、
脂ものは控えめにしてビタミン・ミネラルを積極的に摂取、
そして良質なたんぱく質も十分に、
アルコールはほどほどにしましょう。

髪は副交感神経が働き、成長ホルモンの分泌が
盛んになる睡眠中に伸びるため、
早寝早起きの規則正しい生活はとても大切です。

また、シャンプーの際に頭皮を傷つけることのないよう、
爪を立てずに指でていねいに洗い、きちんとすすぐこと、
そして十分に乾燥させることを心がけてください。

頭皮のマッサージも緊張をほぐし、血流を高める意味で有効でしょう。

とはいえ、「髪が抜けていく」という事態に過剰なまでにナーバスになると、
余計に悪循環に陥ってしまいかねません。

普通に生活していれば、1日に100本程度抜けるのは当たり前なのです。
あまりに悩んで髪のことがコンプレックスになり、
次第に外出もおっくうになってしまうなど、
精神的に追いつめられてしまう方もおられます。

コレが薄毛の原因かも?日々の生活で気をつけたい5つの事

普段の生活習慣が薄毛の原因になっている場合も多くあります。
もし以下のような生活を送っている方は、
原因となっている生活習慣を改善してください。

[check]ストレスの溜め過ぎ
[check]睡眠不足
[check]過激なダイエットによる栄養不足やホルモンバランスの乱れ
[check]食事バランスの偏り
[check]タバコの吸い過ぎやアルコールの取り過ぎ

目指すのは規則正しい生活です。
a:850 t:1 y:0

コメント


認証コード4326

コメントは管理者の承認後に表示されます。