よく聞く“成分表示”って何のこと?

よく聞く“成分表示”って何のこと?
シャンプーを買うときに成分を見たほうがいいって聞きますが、
そもそも成分って何?
どう見たらいいの?

シャンプーやトリートメントをはじめとする化粧品は、
様々な原料を組み合わせて作られています。

その原料のひとつひとつを「成分」と呼びますが、
現在は、使用しているすべての成分を表示するよう、
薬事法という法律で義務づけられています。

だから、パッケージを見れば、そのシャンプーが何から
作られているのかがわかるんですね。

大体はパッケージの裏面に記載されていることが多いので、
一度使っているシャンプーやトリートメントを裏返して見てみましょう。

シャンプーの場合、ほぼ確実に水から始まって、
色々なカタカナ中心の成分名がかかれています。

また、成分は、含まれている量の多い順に表示されています。

シャンプーは、基本的に水分が一番多く含まれるので、
一番最初が水ではじまっているのはそのためなのです。

さて、シャンプーの成分の見方ですが、
そもそもシャンプーの良し悪しをもっとも左右しているのは、
シャンプーの洗浄成分である“界面活性剤”。

界面活性剤は、たいていの場合、水の次に表示されている成分に
なります。

複数の界面活性剤を使っている場合がほとんどですが、
より多く含まれるものをチェックしましょう。

成分表示で全てが分かるわけではありませんが、
参考にはなります。髪によいもの、
あまりよくないものを覚えておけば、
シャンプーを選ぶときに判断する基準となりますよ。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード2091

コメントは管理者の承認後に表示されます。