アッシュ系カラーは、ブリーチしないとダメ?

アッシュ系のカラーをしてもらう時、ブリーチしてから染めてもらってました。
ブリーチすると髪が傷むからあまりしたくないんですけど、
ブリーチしないでアッシュ系に染める方法ってありますか?

最近ではカラーの種類も増えてきて、昔よりも髪を傷めにくくする
技術も進歩してきました。

でも、色によってはどうしても痛みやすくなるものもあります。
アッシュ系の色にするにはどうすればいいのでしょう?

(Q)アッシュ系カラーって?
(A)
色合いは、大きく分けてレッドやオレンジなどの暖色系と、
アッシュ(グレー)やマット(グリーン)などの寒色系の2種類があります。
アッシュ系カラーとは赤み・黄みを含まない灰色がかった色で、
寒色系になります。

髪がもともと持っている色素は人によって異なります。
大きく分けると赤系の髪と黄系の髪とがあり、日本人は赤系が多いの
ですが、最近では黄系の色素が強い人も増えてきました。

アッシュ系カラーは、黄みがかった髪の色を抑えたい時に有効で、
出来上がりの色はくすむのが特徴です。

トーンの割に表現される明るさは押さえ気味で、
渋みのある色が表現されます。

(Q)ブリーチしてから染めないとダメ?
(A)
濃い色みであればブリーチせずにアッシュ系の色にすることも可能です。
ただ、薄めの色みだと、ブリーチしてからでないと色がうまく出ません。

アッシュ系といっても、色の種類はたくさんあります。
また、髪質によっては出来る色と出来ない色とがあるので、
まずはカウンセリングをして自分がしたい色を決めましょう。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード5481

コメントは管理者の承認後に表示されます。