舐めていたわけじゃないけども・・・

舐めていたわけじゃないけども・・・

導線の数値化ってスゲー
また違うものが見えてきますダヨ☆

例えばね・・・
チラシに5万円かかったとしますよね
指定配布地域に10000人住んでいるとしたら

50000円÷10000人=一人 5円 かかる計算なんだけども・・・

そうじゃなくってね
期間中に何人の人が返ってきたかなんですよね

何万人に撒こうが、そんなの関係ない
実際に反応が返ってきて、それはいくらになんねん?

それだけが重要ですねん

10000人に撒いて、10人返ってくれば

0.001パーセントの反応率
何のこっちゃら?

違う目線で見ると

50000円÷10人=一人集めるのにかかったコスト 5000円

さらに、割引とか特典とかつけたらば

5000円+割引、特典費用+かかる諸経費などなど

高く感じるか安く感じるかは、人によって違うと思うけど
僕は高いと感じました。

よって、この媒体却下

でも、文章が悪いのかも知れないし、写真が悪いのかも知れない
もしくは、ターゲットがまずいのかも知れない・・・

って事で今は、不動産サイトを要チェケラ☆しています。

この考え方って、他のホームページや看板、販売方法、顧客の掘りおこしなど
あらゆる所で適応する事ができますだよ

おもしろいなー

コメント

  • 無題


    良いとこに意識が行ってるね~^^

    一件の獲得単価が重要なんだよね


  • 毎度です☆


    岡田さんと小林さんの知識が活きてますよ 笑

    今日、過去2年分のチラシの反応率とか
    何とかを見てたんですよ☆

    いやーしょうもないものに
    お金結構使っているなぁーっと思っちゃいました 泣

    まず気づく事、とりあえず、頑張りマース☆
    店自体の売上は順調に上がっているのでご心配なく



認証コード4716

コメントは管理者の承認後に表示されます。