そもそも肌弱い人は何で増えた?

画像の説明

肌弱い人のためのカラーについて書いてみたんですけど、
そもそも肌弱い人やアレルギーは何で増えた?
っていう疑問が出てきました。

昔そんなに肌弱い人いたかな?

自分がスタイリストとして20代くらいの時は、

お客さんも若い方が多かったので
加齢による肌トラブルっていうのは少なかったように思います。

でも、最近は小さい子供さんが肌カサカサってのを
けっこうな割合でみます。

お医者さんじゃないから、美容師のたわごとと思ってくださいね
でも僕の見解と近い内容をネットで見つけました。

世の中では、アトピーの原因として

・添加物
・砂糖
・ステロイドの副作用
・運動不足
・汚染された空気

などが、よく言われていますが

腸内細菌バランスの乱れが原因じゃないのか?っていう視点です。

腸内菌については、以前調べたことがあって、
なるほどなっと思いました。

10年ほど前から、殺菌ブームがあり、
どんな菌でも殺菌してきました。

しかし、菌のなかには悪い菌だけではなく
善玉菌と呼ばれるものいます。
それらも、もろとも殺菌してしまって

悪玉に対する免疫力も少なくなり、
腸内細菌バランスが悪くなっている

最近の子供が泥んこになって、
砂遊びとかもあんまり見ないですよね?
あれも菌に触れているんですよね

見えないけど、空気中や土の中、水の中
それどころか身体の中にいますよね
神経質な人にはたまりませんが、持ってる携帯の方が
実際は汚れています。

もっと時代を遡っていくと生物は菌とともに共生していましたが、
人類の菌発見とともに悪とされ、見つけ次第抹殺しています。

かってに菌を取り込める自然ってすごいと思います。

さらに好き勝手いわせてもらうと、
仕方ない事かもしれない事ですが、

現代の産婦人科での処置
抗生物質も菌を殺します。

一部では見直されてきているんですけど

産道から子供が出てくる時に、
母親から菌をもらいながら出てきているそうです。
それによって免疫力が高まる。

母乳もそうですよね、あれは善玉菌を増やす役割もあります。
特に初乳はすごいみたいですね。

医療の発達によって安全性は高まったかもしれませんが、
逆に失ったモノもあるように思います。

息子の出産の立ち合いをした事はありますが、
自然の世界であんなに明るい場所で子供を産む生物は人間くらいです。

10か月も真っ暗なお腹中から、いきなり明るい所に出ると
見えてないとはいえ、目がやられそうです。

アレルギーについて、なんでこんなに調べるかというと
娘が身体弱くて、卵とか、牛乳アレルギーがあるんですよね

自分も嫁も喘息とか気管系が弱いので遺伝なのかな?
っと思っていたけど、調べれば調べるほど、

自分たちの不摂生であったりいろいろあるんですよね・・・
やっぱり後悔があります。

サイリウムが善玉菌の餌になって活性化するようです。

コメント


認証コード6677

コメントは管理者の承認後に表示されます。