一時的な白髪隠し について

音声で聞きたい人はこちら

→YouTubeで観たい場合はここをクリック

次、美容室に来るまでの応急処置
白髪隠しについて

月1回は染めていても、白髪って、
1か月もしないうちに、ちょっと伸びて来るんですよね
・・・気になって仕方ない

それで、一時的に白髪を隠せる 白髪隠し 
ってアイテムがあるんですけど、

マスカラ、ブラシ、チーク、スティック、ファンデーションなど
いろんな種類があるんですよね

お客さんと、どれがいいのか?って話になりまして
簡単に説明したいと思います。

基本的に、一時しのぎである白髪隠しは、
通常のカラーと違い、黒い髪を明るくする力はありません。
白髪のみに色がつきます。

商品にもよりますが、

少しずつ染まるタイプ
シャンプーすると完全に落ちるタイプがあります。

変に色が入ってしまうと、次回のカラーの時に、
残ってしまう可能性がありますので、
特に、明るい白髪染めを希望される人は、
染まらないタイプをおすすめします。

形状について
マスカラ、ブラシ、チーク、スティック、ファンデーション、スプレーなど
いろんな形がありますが、用途によって異なります。

ファンデーションタイプ

白髪の量が多く面で隠したい場合は、塗れる面積の広い
ファンデーションタイプが使いやすいと思います。
デメリットとしては、手が汚れやすい事です。

水や湿気に強く作られていますので
汗をかいても大丈夫です。

マスカラ、スティック、チーク、ブラシタイプ

次に、白髪の量が比較的少なく
ポイントで使用したい場合は、
マスカラやスティック、チーク、ブラシタイプ
使いやすいと思います。

こちらは、塗れる面積が狭いので
細かい作業に向いています。

ペンタイプ

ペンタイプの商品は、操作性が良く
手が汚れにくいのがメリットですね
形状が地肌につかないように工夫されていますが、
それが、もみあげなどの細かい所には向いてないようです。

スプレータイプ

最後に、スプレータイプですが、
広い範囲で色をつける事が出来ますが、
細かい作業には、向いていませんし、
ご自分でやる場合、服や顔など他の部分についてしまう
可能性が非常に高いです。

ジェル?タイプファンデーションタイプ

あとは、ジェル?タイプファンデーションタイプ

ジェルタイプは、マスカラ形状の商品に多く見られます。
このタイプは、乾くまでに少し時間がかかりますが
もみあげなど、細かい作業には向いています。

まとめ

白髪の量や、用途に合わせて、
ご自分が使いやすい商品を使ってもらったら
良いと思いますが、

私が、おすすめするのは、
手は汚れますが、使いやすさで
ファンデーションタイプです。

なお、白髪隠し商品 全般に言える事ですが、
帽子や服への色移りの危険性があるので、

使用時は、帽子や白い、色がうすい服は避けた方がよさそうです。

追記

盲点、一時的な白髪隠し について
http://sabbath.chu.jp/index.php?QBlog-20170922-1

コメント


認証コード1942

コメントは管理者の承認後に表示されます。