素敵な髪は3つの要素でできている

素敵な髪の3つの要素

①スタイリングは、毎朝出掛ける前のセット
②ヘアデザインは、基本的に美容師さんの仕事
③ヘアケアは、家での毎日の手入れ

①スタイリングは、寝癖を直したり、ブローしたり
ストレートアイロンしたり、コテを巻いたり、

セットを長持ちさせる為にハードスプレーや
ワックス、ムースなどをつける。

または、髪のコンディションを整えるのに、
ヘアオイルなどをつける事ですね。

このスタイリングは、器用なお客さんだと、
②のヘアデザインがもう一つでもいい感じに
仕上げるんですよね・・・

見た目の印象に一番大きく関わります。
ちょっとの差で顔の印象が変わってきます。

②は美容師さんの仕事なんですけど、個人的な感覚としては、
①のスタイリングをやりやすくするための補助ですね

自分のなりたいイメージをより再現しやすい状態にするのが
この②ヘアデザインです。

長さや色、ウェーブなどいろんな要素を使って作っていきます。

本人的にも一番わかりやすいのが前髪ですね

③ヘアケア・・・すべての土台になる事なんですけど、
お客さんが一番舐めてるかもしれないのがココかもしれません。

①②に関しては、直接的にデザインの変化があり、
力が入るのですが、このヘアケアに関しては、
なぜか手を抜くんですよね・・・

基本的に、美容室でトリートメントをしても
1-2週間くらいで効果は無くなります。

店でのトリートメントは、意味がないとまでは
言わないですけど、それだけ気にしているのであれば、
ホームケア(シャンプー、トリートメント、トニック)に
力を注ぐ方がリターンが高いです。

特にカラーやパーマをされる人は、
どうしてもダメージは避けられません。

皮膚だと生きている細胞だから修復するんですけど、
髪は死滅細胞なので、自己修復はしないんですよね
爪も同じなんですけど、割れたら直らないでしょ?
それと同じ

なので、外から補修するために、
シャンプー、トリートメントに力を入れて欲しいなー
ヘアチェンジをよくするオシャレな人は特に!

こんな感じで、分けると面白いですよね

家でする①スタイリング、③ホームケアは、
お客さんの役目

②ヘアデザインは美容師の仕事

この二つの共同作業によって、
素敵な髪ができるという事です。

なりたいイメージから逆算して
ヘアデザインでスタイリングの
ベースを作ります。

スタイリングのやり方が
わからない人も多いので

これからは、①のスタイリングのフォローに
もっと力を入れないといけないなっと思っています。

なので、毎日使っているスタイリング剤とか
セット方法を教えてもらえたら、
何かしらアドバイスできると思いますよー★

コメント


認証コード8462

コメントは管理者の承認後に表示されます。