自然治癒アプローチ X-Power第6

自然治癒アプローチ

目次

まず内側の健康から始めよう

多くの人が偏っていて、 外側の健康

見た目とか、体脂肪率が何%とか、ウエストのサイズが何cmだとか、
体重が何 kgだとか、血圧の数値など

外側の目 に見えるところの健康値をすごく気にしていて、
逆に内側の健康、精神的、感情的な健康という所にあまりフォーカスがない

健康というのは外側の健康、 そして内側の健康って2つが両立して
初めて本当の真の健康というのが手に入る。

まずは内側の健康がないと外側にも反映されない

ステップ的には内側から健康になる、

まず、精神的、感情的に考え方も含めてすべてが健康体になって
初めて、それが次に肉体の健康、見た目というところの健康に繋がる。

多くの人がダイエットとか、いろんなトレーニングとか
食事法をやっても続かないというのは、
何故かと言うと、内側が伴ってないから

アプローチとかルーティンというのを教わっても、
習慣が変わらなかったり、考え方とかマインドセッ トが変わらなくて
物事の視点、世界観が変わらない。

だから結局同じ人生を歩んでしまって外側も変わらない。
外側を変えるためにはまず内側から変える必要がある。

意思の力にフォーカスする

習慣を続ける意思の力

ダイエットをするとかトレーニングをするとか
健康になるためのルーティンをするというのは、
何らかの習慣、毎日の習慣を持つ必要がある

習慣があなたの運命、未来になる

今日何をするかが、明日の結果に繋がって、
明日の結果がその1週間、1ヶ月、1年、未来と いうように続く。

習慣を持つ必要があって、その習慣を毎日続ける、
継続 するというのは意志の力が必要。

意志 の力をどんどん浪費している原因
逆に浪費、自分の意志のエネルギー、意志 の力の浪費を止めて、
どんどん自分の健康になるためのルーティン、習慣に使うためのエネルギーに
つぎ込む、フォーカスをする話

特別なノートを用意してほしい

毎日の習慣、朝起きて これするあれするとか
いろいろやる事を書き込むノートを用意する。

書き出していくと、毎日目に見えてやっている事というのが分かる
夜寝る前とかに見ると抜けている事とかを見直せる。

心配、悩み事を書き出す

コンピューターを使わずに、紙とペンを使って書く
あなたが心配していること、悩んでいることを全部書き出す。
スッキリするまで

10分間の時間を使って全部書き出す。

コンプレックスもあると思うし、不安もあると思う
発表する必要はない

これを書くことが、内側の健康になるというステップ1
これをやらないと、何をしても、つまづいてしまう
ブロックができてしまう。

人に言いたくない事まで書く。

不条理というか不合理なもの
直接コントロールはできないもの

リアリティーのある悩みとか、不安

他人の悩みとか不安聞いたら「なん でそんなこと悩んでいるの?」って
結構びっくりするけど、やっぱり自分自身はけっこう悩む

コントロールできるもの、できないものを分類する

次に書き出した自分の悩み、不安、心配事のうち、
あなたがコントロールできないものを丸で囲む。

これはコントロールできない、自分のコントロール範囲外にあるもの。

次に、コントロールできるもの
コントロールできる順に別のページに書く

優先順に書き出す。

一番これはコントロールしたいし、できる事。
まずここからコントロールしていく、
まずここからできるという事を順に書き出していく

コントロールできないものと、コントロールできるものが分かれる。

僕たちというのは、まず内側の健康を手にする時に大事な事は、
頭の中で、常にいろんな悩みとか心配、 ネガティブな事を考えている。

それが日々、常に、僕たちの意志の力を奪っている。

そういう悩みとか心配、 ネガティブな事を考えていると、疲れてきて
疲労困憊に なって、「心配だー」って硬直状態になって
恐怖に陥って思考停止状態になって、動けなくなる。

最初に大事なのは、あなたが常に悩んでいる事、不安に思っている事、
心配な事を全部書き出す。

そして、その中でコントロー ルできないものとコントロールできるものを
分けるという事

で、コントロールできるものはコントロールできる。
実際にアクションプランを考える。

コントロールできるものは、コントロールしていく。
だから悩む必要がなくなるんですよ。

アクションをとればいいだけ

アクションをとらなかったら、悩みはどんどん膨らんでいく
ルーティン化してアクションをとっていけば、そのうち悩みというのは消えていく。

コントロールできないものは忘れる

逆にコントロールできないもの。
コントロールできないものは、忘れるしかない

人の悩みを聞く時は、ポジティブに話す
ポジティブに返す。

面白い事をいつも言う、冗談にしたりして。
すると笑ったりして。それで何か落ち着いてきて
ストレスが軽減されて治ってきたと思うし。
薬草とかも効いて来ると思う。

いろんな恐怖というのが抜けずに、
コントロールできない事に縛られてしまう。

コントロールできない事に恐怖を持ってしまうと、
不安を感じてしまうと、どうしようもない、もう気持ちは落ちるしかない。

なので、もう忘れるしかない

コントロールできない事は忘れる。

まだ起こっていない事に不安や恐怖がある場合は、
口に出すようにして、自分で説明してみる。

すると、不合理な恐怖だという事が分かったりする。
毎日そんなに恐怖を感じながら暮らすのは
馬鹿らしいなと思って、何か納得できる。

コントロールできないものは、忘れるしかないという事。
意識的に忘れていく

コントロールできないなっと思うものは、意識的に線引いて消していくとか、
意識的に誰かに話すとすっきりするかもしれない。

内側に込めていると病気になってしまう

自然治癒と西洋医学の違いを知る

自然治癒と西洋医学は両立しない

自然治癒と医学、

西洋医学、一般的に西洋医学で行われている
アプローチの違い、考え方の違い

両立をしたいって言う。

製薬会社の西洋医学の薬を飲み、西洋医学のアプローチをしながら、
自然治癒もしたいって言う

・・・無理

西洋医学 は緊急医療とかで、一時的に状態を安定させる事はできるけど、
それを続けながら自然治癒に向かうことはできない。

自然治癒と西洋医学のアプローチの違いは症状を何として見るかという事

西洋医学というのは症状を危険なものとして見る

症状=死に近づける危険なもの
だから症状を軽減させないと体がすぐ死んでしまうという捉え方

自然治癒のアプローチは症状は治るための自然治癒のプロセス

まったく別の視点を持っている

西洋医学的アプローチで症状を止めながら、
自然治癒アプローチでさらに促進させる事をしても意味がない

例えば、子供が熱出てたら、西洋医学的アプローチだと解熱剤をだすけど、
自然治癒アプローチだともっと熱が出るように助ける。

アプローチがまったく逆

自然治癒のアプローチ

「今こういうこと医者でやってますけど、なにかいい薬草がありますか? 
アプローチありますか」とか言われて

仙人さんは、「いや、その薬を止めない限り、全部中和されるだけだから。
僕のアプローチは逆だから」

全部が逆

この根本的にまった くアプローチが違うという事

症状をサポートする自然治癒

自然治癒で仙人さんがとっているアプローチは
とにかくフォーカスは健康体を作ろうと考える。
どうすれば健康になれるか?

逆に、病気にあまりフォーカスしない

基本的に症状をサポートする。
体の症状をサポート

例えば、熱が出てたら熱を出す事を手伝うものだったり、
痰を出したがっていると咳の促進の薬草を飲ませたりする。

体がやろうとしていることをサポートする。
体がやろうとすることをブロックするんじゃなくてサポートする。

環境を整えてあげる。
自然治癒がしやすくなるような環境に整えてあげる。

たとえば体が熱を上げようとしていたら、熱を上 げるような薬草を飲ませる、
熱が上がりやすいように布団に入って体を温かくするとか。

他にも食事とか食物とか食べ物で体の全ての調整をしようする。
で、オシッコとかウンコとか汗とか体が出そうと するもの。

目ヤニとか鼻くそ とか痰とか耳くそとかオシッコとかウンコとか汗とか垢とか
あれを全部出してあげる。

体をもっと動かしてあげる。

体をもっと動かして筋肉とか血液とかいろいろなものをもっと循環させてあげる。
リンパとかを。

さらに、感情とか精神面とか思考をもっとポジティブにして、
ライフスタイルそのものを変えていこうとアプローチをする。

自然治癒は

自然治癒のアプローチでどういうものを使うかというと、
いろいろな食べ物。フルーツと か野菜とかいろいろなハーブとか薬草とか、
他に自然に極力近いサプリメントだったり

副作用がほぼゼロに近いものというものを使っていきます。

基本的に感情面ではとにかくポジティブな考え方で
前向きに未来を考えていくというふうに持っていきます。

いろいろな事を信じれるように。自然治癒とか自分の治るということを信じれるようにとにかく前向きに信じるという事。

信念を植え付けるという事をやります。
そして、もっと笑う事とか、勇気をつけるとか、
もっと何かを愛するとか、そういう感情のエネルギーも
同時に使うというアプローチをとります。

すべて自分の責任でコントロールする

自然治癒では、自分がすべてをコントロールするという事にフォーカス

病院とかだと麻酔とかで寝てる間にジョキジョキされたり、
すごく受け身、。何も自分でコントロールするものがない

一方、自然治癒のアプローチというのは全部自分でコントロールする。

自分の意志 の力を使って自分の人生を、ライフスタイルを変えていく必要がある。

だから、すべて自分で責任をとる。

自然治癒のアプローチというのは、まず、自分患者本人が
責任をとるという事がすごく大きなスタートになります。

ライフスタイルを変えることにフォーカスしない医学

西洋医学というか、医学的なアプローチというのは
どういうことをするのかと言うと、まず病気そのものにフォーカスをしています。

全体として人間そのものを健康体にするにはどうしたらいいのかという事を
あまり考えないん。

ズームインした状態でその部分を考える。

で、どういうものを使うかと言うと、
とにかく彼らは副作用がすごく強いもの使います。
副作用で死んでしまうケースも多い。

いろいろな化学物質だったり手術とか

薬自体も薬草とかハーブみたいにいろいろなものが入っている
複合的な成分が入っているものじゃなくて、

その成分を分離して、凝縮して強力に高めているもの。

その1つの効果は高いんですけど、
逆に他の副作用が広がってしまうというものがあります。

なので、すごく危険

ほとんど全部がゴミサプリ

西洋医学は、ライフスタイルを変えようという事に、フォーカスがいかない

何を食べるか、何を考えるかとかの思考とか発言とか
感情とか行動を変えてくださいとかは言われない

全体として自分の人生を変えるというアプローチ を絶対とらない

すべてズームインされた世界。
だから習慣を変えてくださいとかも言われない

感情的にネガティブな医学

感情的にも、基本的にネガティブ

すべて医者任せでいいんですか?

病院とか医者というのは不安とか恐怖とか弱さとか鬱とか
自分でコントロールできない、自分に何のコントロールもできないという事になる。

自分でコントロールとか自分で考えてやる事じゃないんです。
全部されるがままになる。

で、あなたの人生がすべて医者にかかるんですよそこの時点で。
医者の手にすべてがかかるんです。あなたが為す術はない

自然治癒だったら、あなたがこれからどんな習慣を持つか? 
あなたが毎日これから何をするかと いうことに委ねられる
責任はあなたです。

病院とか医者というのは、医者にすべてを委ねるしかない。
あなたは何もできないんです。

その違い。責任を医者に渡している。

自分は被害者

病人が「糖尿病に冒されました」と言う。

「いや、 冒されましたというか。あなたいつも何を食べているか教えてください」
と聞いたら日々酒飲んで すごい生活をしているわけですよね。
砂糖分たっぷりの。

「いや冒されているんじゃなくて自分がそういうのを食べているからでしょ?」

自分でやったんだよ

全部責任逃れなんですね。

自分は悪くない、病気が空から飛んできたんだ! みたいな事を言う。

だからその違い。

仙人さんは患者さんに「先生治してください」とか言われると
「僕は治せないよ」といつも言う。

「あなたが自分で治さないとダメだよ」
「え? どういうことですか?」
「やり方を教えるけどあなたの責任で治すしかないでしょ。僕は治せない」と言う

自分の責任じゃなくて、全部他人任せ。
自分でやらないといけない

毎日の習慣というのは自分でやるしかない
病気というものは毎日の習慣からきている

交通事故とかそういう状態というのは、病院に行って
骨折の部分をつないでもらうとか、ギブスをはめてもらうとかのアプローチは
必要ですけど、慢性的な病気、ガンとか糖尿病とかも含まれるんですけど、
いろんな病気というものは、 8割9割が毎日の習慣から来る。

遺伝的な症状というものはあるけど、
8割9割は毎日の習慣の積み重ねで起こっている症状

現代の健康のレベルというのは、全部、毎日の習慣が生み出しているという事
それに体が反応している。

どういう環境があるか?

まず食べ物

食べ物というか、口に入れるものですよね。
それが水であったり水分であったり。

液体であったり固形物も全部。

まず、あなたが口の中に放り込むもの全部、あなたの体の 中に影響します。

口の中に入れるものが、体に影響するということを知らない人が多い

「え!? これ食べても不健康に関係ないんじゃないの?」と思う。

食べ物が、あなたの細胞を作る。
だから何を食べるかであなたの細胞に全部影響する。

だからまず、あなたの口に入れる物。

そこには水分もですけど、酸素も含まれている。
だから、すごい汚らしい空気のところでずっと息を吸っていたら、
肺がやられたり血液が汚れたりしますよね。

だから、口から鼻から入ってくるもの全部体に影響するという事です。

毒を貯め込んでいませんか?

排出

排泄とも言うんですけど。

オシッコとかウンコとか、汗とか涙とかいろいろ出すもの、
体から出て行くもの。

一番大きいものはやっぱりウンコ。
ウンコが95%の体の毒素を出す排出機構なんです。

もしすべての排出機構がストップしてしまったら、体も病気になる。

体の中で生まれている、いろいろな老廃物というものを
体は出さないといけない。

水とか、飲み物を飲んで、ご飯食べて、酸素を吸って、
それが体の中で栄養として使われた後に老廃物が出る。

それを体から出さないと、体の中にゴミが溜まっていく。

入ってきたものは、使った後は、出ないといけない。
体の中に入ってきたもの全部出さないといけない。

ウンコとかオシッコとか汗とか涙とか耳くそとか 鼻くそとか痰とか
体の垢とかもそう。そういうものを全部出さないといけない。

それを出すことをサポートしないと、体の毒素が溜まっていくという事。
現代の世の中というのは、いろんなものを結構溜めている。

排出するのは、照れる、恥ずかしいなという気持ちが出てくる。
世の中には照れる風習がある。

だから鼻水を出したり、痰を出したり、耳くそを出したり、
オシッコ出して、ウンコ出して、汗かいて、垢を出すというのは、
結構僕たちは照れる。

「汚い」みたいな感じで。
我慢して抑えてみたいな所がある。
だから結構、内に込めている。

やっぱり全部出さないといけない。
そうしないと、体の中にゴミが溜まっていく。

DNAストレッチで循環をサポート

循環

循環ってどういうことか?

人間の体というのは動くようにできている。
動くように設計されている。

体のすべての骨とか関節とかを見ていったら、動くように設計されている
人体は、動くことが前提となっている。

だから、動かなかったら人間の体は全部が機能しなくなる。
腸とか内臓も。だから、体を動かさないといけないという事。
そうすると循環が起こる。

循環が起こると血液の循環が回ったり、リンパが回ったり白血球が回ったり。
で、いろんな気とかエネルギーも回る。

そうやって回ることが大事。体が循環される事。

この循環テクニックとして、DNAストレッチという強力なストレッチ方法がある
全身の関節を動かしていくっていう。

そうすることで全身のリンパとか血液が回っていく。

普通のヨガとか普通の柔軟体操の違いというのは、
基本的に柔軟体操というのは筋肉を伸ばしている。ヨガとかも。
「筋肉を伸ばして ストレッチしましょうね」という感じなんですけど、

DNAストレッチというのは、基本的に
すべての関節を動かすために作られた動き。

「すべての関節をいろんな角度に動かしましょう」 という。

すごく奇妙な動きなんですけど。
体というのは動くようにできている。
そして血液もリンパも循環させる必要がある。

血液 も白血球もリンパもすべて。そうしないと体は血 液が回らなかったり、
濁った血液が一部分停滞したり、リンパがちゃんと回らなかったりしたら
そこから病気になっていきます。

DNAストレッチもそうなんですけど、一番の循環 テクニックは何かと言うと
冷水温水

朝の交互のやつが体中のリンパとか血液とかを回す一番のテクニック。
DNAスト レッチ以上にいろいろなものを回してくれる。

なので、循環テクニックは、冷水温水が最強

今の現代社会の人は、歩かないし体もあまり使えなくなっています。
だから循環ができなくなって、体の中にいろいろなものが回らずに
停滞する。

ライフスタイルが体に影響する

ライフスタイル

ライフスタイル そのものも、体に影響します。

どういう風に住んでいるか、どんな所に住んでいるか。
どういう風に仕事をしているか、どこで仕事をしているか。
どういう所で遊んでいるか、バカンスをしているか。

悪いケースで言うと、睡眠不足で朝起きて、朝からご飯食べずに
嫌な顔して満員電車に乗って、嫌な仕事をして、コンビニでご飯を食べる。

17時 に終わったら飲み会に行って「イェーイ」ってお酒ガブガブ飲んで
グチ言って、酔って帰ってきて いびきかいて寝る……という感じ。

やっぱりこういう生活をしているとそれなりの健康状態になっちゃう

ライフスタイル全部聞き出す。
ライフスタイルを聞けば大体分かる。

ライフスタイルそのものも体に影響するという事。

感情、魂が健康に影響する

感情、そして魂も健康に影響します。

感情的にすごい悲しいことが起きたら、体がぐっと不健康になっていって、
実際、病気になる。感情というのはすごく影響します。

感情、そして魂という所で健康にすごく影響します。

魂はやっぱりもっと深いテーマ。
自分の使命とか天命とか運命とかってありますよね。
そういうものに沿って生きていると魂が喜ぶ。

それに沿ってない事、たとえば、成 功して億万長者になりたい!という
夢があったとして、人殺しして人身売買してそれで億万長者になれるという
話がきて、それ をやり始めたとしたら、やってるうちに
どんどん胸が苦しくなってきて、それが魂が苦しむという事だと思う。

逆に本当に自分が正しい事、本当に自分が生まれて天命の事をやっているんだ
っと思ったら魂が喜びますよね。そういうところだと思う。

魂に関しては、また違うテーマで話したいんですけど。

魂、そして感情というところもすごく大事になってきます。

だからポジティブなアファーメーションというのも大事になってきますし、
感情面、そして魂の面で習慣は持たないといけない。

だからいろんな宗教では、魂の習慣、 お祈りとかしますよね。

祈りというのはものすごいパワーがあって、
祈りをちゃんと習慣付けてやっている人は結構長生きする。

祈りの力は本当にすごい。
なので、そういう所が影響していきます。

遺伝も病気の1つの要因

遺伝

遺伝はもう必ず入ってきます。
あなたの両親とかおじいさんとかおばあさんとか家族。
先祖さんから受け継いだ遺伝ってやっぱりある。

遺伝の影響が大きいと思っている人もいるん ですけど、
やっぱり環境のほうが影響は大きい。

病因的には。2、3割が遺伝で、7、8割 ぐらいが環境だと思う。
だから、何でも遺伝のせいにするのはあまり良くない

せいぜい2割ぐらいと考えて欲しい。
8割は環境でコントロール できる事なんです。

ただ、遺伝というのも健康で調べておくと分かりやすい。
自分のウィークポイントとかは。

遺伝というのをちゃんと分かっておくと、パターンが意外と掴めるんです。

要因は1つじゃないことを知る

いろんなこれらの要因が重なって、
あなたの今の健康状態、レベルが決定づけられる。

だから要するに1つじゃないって事。
健康にはいろんなことが重なっているという事。

たとえば「アトピーがあります。どうしたら治りますでしょうか?」と言ったら
全部これらを聞かないといけないん。

ライフスタイルから、お父さん、おじいさんとか
家族まで会いに行かないといけないし、

1日のスケジュール全部横について見て、毎日の感情、
どういう風な感情を毎日感じているかも分からないといけないし、

どういう風に毎日動いているのかも見ないといけない、
ウンコとオシッコと汗と鼻水と痰も全部。

出し方と出した 後のもの。
で、食べている物と全部見ないといけない。

それぐらいやったらやっと分かるという事なんです。
そこまで見ないと人間の不健康の 原因って分からない。

最終的に「あ、ここ だ!」ってポイントが分かる。
「ここが偏っている。ここがズレている」って分かる。

逆に医者とか行って身長、体重、血圧だけでよく分かるなと(笑)

それと症状。「なんで全部聞かないのかな」って
食べているものから動き方 とか。感情まで彼らは見ない

いろんな病気になる原因があるわけなんです。
だから1つの角度だけで見ていたら分からないという事。

細胞は常に新しいものに入れ替わる

もう1つ大事なポイント。

あなたの体の細胞は2年で全部新しいものに変わる
2年経てば体の全部の細胞はすべて 新しいものに入れ替わる。

98%の 細胞は1年以内に入れ替わる。
2年で 100%全部入れ替わるんですけど98%は1年で 入れ替わる。

脳に関しては、1年で入れ替わる。
脳の細胞 が新しいものに変わるのは1年で。

血液は、4ヶ月
骨は、3ヶ月
DNA、遺伝子は2ヶ月
肝臓の細胞は、6週間。
皮膚は、1ヶ月
胃の粘膜は、5日

すごい事に僕達の体の細胞は、常に新しいものに入れ替わっている。

ご飯とか食べて、水分をとって、酸素を吸ってそ れを循環して、
古い細胞が壊れていって、新しい細 胞を作っていって、
その循環で2年で100%新しい体になっている。

98%のものは1年以内に全部入れ替わっていて。
脳は1年で全部入れ替わっていて、血液は4ヶ月、 骨は3ヶ月、DNAは2ヶ月、
肝臓に関しては1ヶ 月半、皮膚は1ヶ月、胃の粘膜の細胞は5日間で入れ替わっている。

そう考えたらいろんなこと が全部変わっている。

ここで考えてほしいのは、なんでこんなに入れ替わっているのに、
あなたは常に病気のままなのかという事。

入れ替わっているのに、
同じような体を持っていて、同じような体型、同じような症状を
1年も2年も持ち続けるのか? 

いろんな病気があります。
でもこんなに変わっているんだから、病気とかになっても、
良くなってもいいはずじゃないですか、

新しく生まれる細胞って健康 なイメージがあるので
どんどん健康になっていっても不思議ではないなというふうに思います

・・・が

習慣と環境が変わればあなたも変わる

そんなに すぐに細胞が入れ替わっても、同じように病気を持ち続けるかと言うと、
習慣とか環境が変わってないからなんです。

逆に今までやってきた習慣と環境を変えれば、
キレイな水を飲んで、キレイなご飯を食べて、栄養 をしっかり摂って
循環させて、完全に排出させて、 ポジティブに考えて、
魂に響くような事だけをして、

そういう風にライフスタイルを完璧に健康にしていけば、
もう2年経ったら、別人になれるんです。

すぐに人間って変われるんですよ。
2年もあれば100%すべての細胞をきれいに治せる。
その他の臓器とかの部分だったら、もっと早く治せる。

だから環境、アプローチさえ変えていけば、内側 から外側から変えていけば、
もう細胞はどんどん 新しく生まれ変わっているんです。

環境を整えれば良くなる。
これを本当に分かってほしいという事。

すべてあなたの責任

とにかくここで大事なキーワードは責任という事なんです。

病院行って薬を打ってもらうとか、 痛み止めを飲んで
痛みを無視するとかじゃなくて、

自分のライフスタイル、食べるもの、循環、 排泄
すべてを変えていく必要があるんですよね。

医者に行って「お願いします。助けてください。 病気に冒されました」じゃない。

あなたが自分の環境、ライフスタイルを変えて、すべて を変えていけば、
体の細胞は常に変わっているんですから、
新しい自分に生まれ変わる事ができるという事です。

だからすべての責任はあなたという事

で、あなたの体は、あなた以外治せないという事

誰も治せない。

あなたの体自身が常に細胞分裂して入れ替わっているわけです。
ただあなたはきれいな細胞になれるように環境を整えてあげる必要がある。
だから、あなたの病気とか、あなたのコンディションを治すのは
あなただけなんです。

誰にも治すことはできないんです。

教える教育を して「こういうアプローチがいいよ」という事をシェアする、
知識をシェアすることはできますけど、それを本当に実行して
あなた自身の体を治すのあなただけなんです。だから誰にも治せない。

病気になったらあなたの責任であり、あなたが作り上げた状態なんです。
環境さえ変えたらあなたがコントロールできるんです。

全部あなた自身なんですよ。

変わらなきゃ!で、変化するって事。 変わらないといけないんです絶対に。
今まで通り に生きていて、何か変な薬草をパクリと飲んだら治るという事は
ありえないんですよね。

今まで 通り生きていて、何か変なものを吸って、変なものを飲んで、
変な体勢で変な仕事して、変な顔して、変な事ばかり考えて、変な事を言って、
変な寝方をして、変なライフスタイルを生きていたら、絶対に良くなるはずがない。

だから変わらないといけないという事
人生をこれから変える必要があるという事。

それを意識して、ここから責任を持って変化してください。
どうすれば具体的に体の細胞をきれいなものに、
作り上げていける環境を整える事ができるのかというアプローチは、
今後のお話をお楽しみに

宿  題

宿題1 鏡の前で全裸になって あらゆるアングルから体を見る

全裸になって鏡の前であなた自身の体を全部のアングルで見てください。
全部の体をジロジロ見る。体のすべてのスポットを。

で、感謝してほしい。こうやっていろいろなシステムが
中で起こっているんだという事を。

で、毎日細胞が生まれ変わっていって、いろいろな事を中でしていてくれる
という事を考え ながら見て欲しい。それ習慣にして欲しい。

宿題2 体に悪いと思う習慣を書き出して、排除していく

習慣が病気の8割の原因になっているという事
今やっている毎日の習慣をまず 書き出してみて。
その中でこれはたとえば1年後に病気の原因になってそうだと思うものに
印をつけてそれを排除していくという行為。

自分の今のライフスタイル、習慣を見 直してみて
「これたぶん自分の体を傷つけている 行為だな。
これたぶんあと半年後、1年後に病気 につながるんじゃないかな」
という事を書き出してみる。

お酒を毎日ガンガン飲んでいる人とかいるじゃないですか。
たぶん本人も分かっている。でも「ま、いっか」ってやっているわけです。

それで最終的に肝臓とかを壊したりして 「まずいな」って思い始める。
本当にここで直視してほしい、毎日、自分が行っている事、

宿題3 悩み、不安を書き出して、コントロールできるもの、できないものを分類する

意志の力というテーマ

大きな紙を 用意して、悩みとか不安とか恐怖というのを10 分時間とって
全部書き出して、それを見ながらコントロールできるものとできないものに
それぞれ 分類するというエクササイズを行うという事。

コントロールできるものとコントロー ルできないものを分離して
コントロールできない ものはもう手放す、忘れる。

他の人に冗談みたい に話してなかった事にする。
で、コントロール できるものはどんどん変えていくという事。

これ実際にやってみてください。

シェア

外側の健康にフォーカス。
外側だけを見ていたという事。

習慣作りというもの、病気の原因になっている8割、
内側にフォーカス

内側の部分をこれから追求
余計な意志の力というものを排除していくという事も必要。
そうすれば習慣化を行うときにもスムーズに余計な意志の力がないので行える
内側の健康に強く繋がっていくんじゃないのかな

外側で表面的に ああだこうだじゃなくて内側からスタート

大きな紙に悩みとか不安とか恐怖を全部書き出す。
自分がどんなことを普 段考えているのかという事を改めて考える、

考えてもしょうがない、コントロールできない部分で
意志の力を無駄に使ってしまっていて、その結果、肉体とか健康の方にも
何らかの影響を及ぼしていたんだなということを考えるとすごいもったいない事を
日々していたん。

自然治癒のアプローチと西洋医学のアプローチがまったく逆という事

薬とかここ数 年、痛み止め以外はあまり飲んでなかったというのがあったんですけど、自然治癒をしやすい環境 を整える。

排泄を促進 したりとか、熱が上がるのを手伝うとか、出すだけ出してしまう
とかっていうのは、なかなか今までちょっと恐怖というか抵抗というものがあって、
やっぱり熱が出たら下げたいというのもありましたし。

責任を持って変化していくという所
今までと同じライフスタイルじゃなくてどんどん変えていくという所を
日々、変化を恐れずにやっていく。

内側
内側から どんどん肉体を進化させる、肉体を健康にしていって病気を治して、
どんどん4次元の肉体を進化をするために、

外側じゃなくて、まずは内側 から、
根底の部分から変えていかないといけない、

ライフスタイルを変えていけないという話なんですけど。
いろんな健康法とかダイエット法とかトレーニン グ法とか治療とかっていうのも、
上手くいかない人が多いのも、やっぱり外側ばかりを見ているんです。

内側の本当の根本的なところのフォー カスが抜けている。
なので、外側だけの健康に偏っている。

だから内側の健康、外側の健康両方 のアプローチをとらないといけない

下のリンク、facebookページにいいね!を押していただくと
最新記事の更新が確認できます。
お医者さんも参加しているエリート健康学について
ご興味ある方はいいね!のクリックお願い致します。

エリート健康学


コメント


認証コード7369

コメントは管理者の承認後に表示されます。