顔型による未来予想図

画像の説明

偶然見つけたんだけど、イラストがよくできてる
http://missionary.jp/check/

老化の顔の形よる変化
うーん、老化ってこわいねー

美容師として、髪に老化を感じるのは、

・トップの髪の量の少なさによるバランスの悪さ
・髪が痩せて、クセ、縮毛が出てくる
・白髪
・ツヤがなくなる

髪の量に関しては、
老化とともにホルモンバランスが崩れるから、
つむじやおっちゃんがハゲてる所が薄くなる。

ヘアスタイルとしては、長いよりショートの方が
ボリュームが出しやすいし、毛根にかかる負荷も減るかな

たまにまったく軽くしないでっという方もいるけど、
おっちゃんがハゲラインが集中的に
少なくなってきているわけだから

他部分の量を残しておくと、かえって薄いのが目立つ
他の部分は軽くする方がなじみます。

髪質に関しても、老化ともに細くなって
クセ、縮毛が出てくる。クセ毛はツヤ感を失いやすい

さらにボリュームを出すためパーマや
度重なる白髪染めとかでダメージになる。

そういった理由で、広がりやすくなったり、
ツヤがなくなったりします。

つまり、上記の逆で
ツヤがあって、まとまっている髪型っていうのが
若々しさの秘訣ですね

しかし、まとまりを求めて、若い子と同じように
ストレートにするとより老けて見える事があり、違和感が出る。

何でだろうと考えてみました
個人的な解釈にはなるんですけど・・・
【ストレートにすると顔や首の質感が強調される】からだと思います。

なので、ツヤ感は大前提として、適度なウェーブがある方が、
上品なスタイルになります。
肌の質感によってもヘアスタイルは変わるって事ですね

対策としては、
シャンプー、トリートメント、トニックなどヘアケアはもちろんの事
セット時にオイルなどを使うとツヤ感は増します。

本質的には、髪は体内から生成されるものですから
健康な体にするのが一番良いんですね

たとえば、
バランスの良い食生活、適度な運動、十分な睡眠
現代人はなかなか難しいですけど、ストレスを溜めない
などが挙げられます。

あと、ダメージは直ることなく蓄積していくものですから
パーマしても、カラーにしても極力ダメージを
避けた方がいいですね

カットが、究極のトリートメントになるので
そう考えると、パーマ、カラーの頻度が高い方は、
ダメージのリセットが早くできるショートスタイルが向いています

白髪が気なると言って、ホームカラーで自分で塗りにくいからと
毎回毛先まで塗っているとダメージは当然のように蓄積されますし、
よくある事なんですけど、塗りやすいトップにだけダメージが
集中してしまい、中側はぜんぜん塗れてなくて、
トップ死にかけ、えりあし超元気な感じで
ダメージに超極端な差が出てきます。

そんな素材がバラバラ状態では、
キレイにパーマあててくれと言われましても無理です。

なので、サバスでは、白髪染めのダメージを極力さけるのに
根元のリタッチだけにって事でわざわざカラーチケットなんかっていう、
あんまり利益にもならん事をやっとるんですけどね 笑

カラーチケット
http://sabbath.chu.jp/fwd3/color2014

最後は、ちょっと愚痴っぽくなっちゃいましたが・・・

ダメージを避けて、ツヤ髪をキープして
いつまでも若々しく元気なおばちゃんを目指してください 笑 

コメント


認証コード5342

コメントは管理者の承認後に表示されます。