新しいカラー剤に移行中!

画像の説明

2015 カラー

水面下で、カラー剤を移行中です。

ポイントは、
今までのオーガニックハーブカラーと同様
草花の毛髪保護、うるおい成分はそのままに、
色持ちの向上と発色が良くなった事です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

まずこちらをご覧ください

ホームカラーの弊害
http://sabbath.chu.jp/fwd3/heigai

そんな感じです。

根元を明るくしようとか、白髪をきっちり染めたい思うと
アルカリってのが必須なんですけど、それが髪のダメージになってしまうんですね

髪の毛は、消耗品で自己修復能力はないので、
パーマ、カラー、もしくは熱や物理的ダメージを受けると
元の状態には戻りません。

なので、ミディアム、ロングの方は、
できるだけダメージになる事を避けた方が良いと思います。

『ホームカラーの弊害』でも書いていますけど、
ホームカラーの場合、根元を明るくする薬
つまり、ダメージの元となるアルカリが強い薬で、
すでにダメージになっている所も塗ってしまうので
よりダメージが進行してしまいます。

そこで、サバスでは、ダメーシを軽減させる為に

毛先に色を入れる場合は、
ピグメントという微アルカリタイプのヘアカラーを使い
根元と毛先の薬の塗り分けをしています。

明るくする場合は、どうしてもアルカリが
高い薬剤が必要ですけどね

ピグメント

ブリーチ力を持たない、既染毛用の微アルカリタイプのヘアカラー。

明度を上げずに染料を鮮やかに発色させる
アルカリ度に設定することで、既染毛へのダメージを抑えます。

そんな感じで、パーマ・カラーをすると絶対的にダメージはでるんですけど、できるだけダメージにならないように心がけてやってます★
(ちなみに、パーマ・カラー痛まないっていうのはウソです)

コメント


認証コード2926

コメントは管理者の承認後に表示されます。