市販の泡カラーについて

最近、市販で泡カラーが増えてきました。

僕はあんまり行く事がないのですが、
棚に泡カラーしかなかったとの事

一応、かなりムラになると美容室でも
修正できないので正しい市販、泡カラーの塗り方をのせておきます。

泡カラーの塗り方(※失敗しても責任は持たんよ 笑)

ウチのお店でも、価格や手軽さから
ホームカラーをされている人もいますので
一応、競争相手として違いをリサーチしてみました。

メリット
安い、いつでもできる
最近、色も豊富・・・

デメリット
根元のリタッチだけをきちんと塗れない
後ろは自分でキレイには塗れない
コストは安いけどめんどくさい

・・・プロの目線で見ると

・正直、コストは市販に勝てないっす 泣

・根元のリタッチだけをきちんと塗れない
 =毛先と根元は、明るさなどの素材が違うので
  同じ薬だと色の出方が違うし、
  毛先に対して脱色力が強くダメージになるます。

・後ろは自分でキレイには塗れない
 =ムラになる

細かい説明は省きますが、美容室での、カラー剤は、
毛先にはダメージを少なく押さえる薬剤を
根元には、色が明るくなる通常の薬剤をつけ
できるだけダメージ毛を防ぐような努力をしています。

泡カラーだと、初めて染める場合はそれなりに
キレイに染まると思いますが、リタッチが伸びてきた場合
塗り分けがなかなか難しいんじゃないかと思います。
特にひとりで塗る場合は見えないしね

明るい色だと、ムラが極端にわかってしまうので
ちょっとはずかしい・・・

うーん、そう考えるとやっぱり技術になるんだなぁー
っと思います。

そんな感じで、サバスのお客様には
市販に対抗すべく、お得なメニューを作りました☆

自分で染めるよりはコストはもちろんかかりますが
仕上がりやダメージは明らかに違います。

すぐに出てくる白髪やリタッチが気になる人へ
超お得!カラー会員について
↓↓↓
$茨木市,摂津市,南茨木で美容院,美容室,ヘアサロンをお探しの方はsabbath 口コミ(クチコミ)や評判も見てね" border="0http://ameblo.jp/mindshift/entry-10859245043.html

コメント


認証コード8837

コメントは管理者の承認後に表示されます。