新規のお客さんが困っている事

ブログからお客さんが、最近増えたので
ちょっとまともな事書いておきます。

新規のお客さんが困っている事

それは、自分のやりたいスタイルがわかっていない事

ちょっといつもやっているカウンセリングと照らし合わせてみた。

新規のお客さんは、インターネットやチラシ、口コミなどから来ているわけだけど
期待感はあるけど信用されているわけじゃない

いつも来てくれているお客さんには、わかると思うけど
福田の本質はオラオラ系のスタンスです。 
俺は、こうしたいんだよーって感じ 笑

だけどこれ、新規の人にやっちゃうとドン引きされるから
実は、最初はちょっと隠してます。

私が思うにお客さんは、
自分の意見は聴いて欲しいけど、プロとしての意見も聞きたいねん
って人が大半だと思います。

でも、新規の人の場合
プロとしての立場でも、一応長さの確認はしておかないと・・・
個人的には、ショートが得意なので、全てお任せだと
躊躇なくバッサリ切っちゃいます 笑
今まで泣かれた事はないですが・・・

新規のお客様の事は、なにもわからないので
いろいろ聞かせて欲しいなぁーっと思います。

好みとか、悩みとか、特に長さ

長さは、合わせ鏡をして確認してからじゃないとハサミは入れません。
この辺は、初めてのお客さんとの共同作業ですね

チキン野郎なんで、ちょっと長めに切りますが
そこで確認して貰ってオッケー貰ってから上に行きます。

ここで、僕の中でもうちょっと切りたいなっと感じたら
お客さんに理由を説明してオッケーなら切ります。
いわゆる提案ですね。
言われたまんまやる美容師じゃねーぜアピール☆

何をするにしても、私は顧客に理由説明と確認をとります。
ここがなんか他の美容師さんと違う

意思の疎通と、確認が大事
手間はかかるけどね
この手間を省くと
「あいつ勝手にやりおった」っと
次から来なくなっちゃう 泣

信頼してくれてるお客さんなら
オラオラ系で何の説明なくても勝手にやります
その方が、好きなお客さんもいるし
新規の人はもっとわがままになって欲しいなーっと思いますです。

技術は当然の事として、こういった事をできていない美容師さんは多くいます。
心当たりのある人は一度私に切らせてください
違う世界を魅せますよ 笑

調子にのります。

変な頭の人を見るとついつい切りたくなります。

自分の中では、普通だったんだけど
ショートは結構、高いレベルで僕うまいです。
平均レベルは軽く超していますね☆

ショートの変な頭の人が来る度に、
「おまかせください」っと言えます。

以前のスタイリストはお客さんの話を聴いてなかったのか?
っとも思う事があります。
雑誌に載っていたり、専門誌に載っているスタイルのまま切っていたりします。

カッコいいですが、前髪がウザかったり、再現性がなかったり
ヘアスタイルの持ちが悪くなったりする場合が多い

そのリスクを説明するのは美容師の仕事じゃマイカ?

まぁーいろいろ他の美容室に行ってみて下さい
それでも、気に入らなければ私に切らせてください
きっと手入れのやりやすさや再現性の高さに驚くはずです。

ほなほな

コメント


認証コード7750

コメントは管理者の承認後に表示されます。