凡人と成功者の違い

面白いもの作ったんで載せときます☆
ちょっと福田訳が入っていますが・・・
たぶん原文に近いと思いますよー☆
コメントくれたら喜びます。

このレポートは、TVで放送された。
ジェームススキナー(James Scinner )氏の
成功への9ステップを参考に製作しております。

世界には数多くの成功者が存在します。
多くの人が成功者に憧れを抱きながら
方法がわからず、彷徨っています

凡人と成功者の違いはなんなのか?

ジェームススキナー(James Scinner )氏は、
多くの成功者の近くで学ぶ事で、彼らには、多くの共通点あり、
特定のステップがある事を発見しました。

それらを知る事で、あなたは劇的に、成功者に近づく可能性が高まります。

きっと、あなたの夢は叶う
成功への9ステップを知りたくありませんか?

成功の伝導師
ジェームススキナー(James Scinner )

ジェームススキナー(James Scinner )
経歴
アメリカ合衆国出身の経営コンサルタント、
セミナー講師、作家。早稲田大学で国際ビジネス論を学び、
世界最年少のアメリカ合衆国外交官、NEC、社会経済生産性本部、
財務広報コピーライター、起業家、
アメリカ最大級の研修会社フランクリン・コヴィー社の
日本支社長などを歴任。

成功への9ステップ
Do it new!(さぁ、はじめよう!)

ステップ1『決断』
成功すると心に誓う

もし、あなたが成功したいなら、まず決断する事が
最初のステップになる

みんな、成功しない原因は、中途半端に
『やりたい』『やれたらいいな』『やるべき』
など思っているからダメ

絶対にやるんだ、絶対に成し遂げると思った瞬間、
人生が変わる。それが決断

次に、基準

どういう基準で生きるのか?
今までのレベルでいいのか?
自分へ問いかける

決断とは、決めて断ち切るという意味です。

成功するための決断とは、
成功しないというオプションを残さない
失敗を考えない事

今までのだらしない生活とか、やっていなかった生活とか
自分に忠実でなかった生活を一旦断ち切って、
本当の自分に立ち戻ってやるんだと決断し、
自分の基準を高める。

演習.自分の夢を書いた夢を書いた板を自ら割る

ほとんどの人は、一旦、目標を定めるとするけど
でもやっぱり夢達成するのは難しいな
決断するのは難しいなっと考えを濁らせてしまう。

決断する時には、自分の状態が大切

中途半端だと、本来の力が出せず痛い
痛いのは向こうに突き向けていない時だけなんです。

本来の力の出すコツは、目標のさらに向こう側を意識をする事

決断するには、プラスの状態が絶対条件
ネガティブでは、決断できない

『成功を信じれば絶対成功する』

ステップ2『目的』
夢を明確にする

明確さは力である

あなたは夢を描いてますよね?
でも、それは目をつむれば手に取れるほど
明確になっていますか?

答えが曖昧だと、出てくる結果も曖昧になる

リッツカールトンでは、マニュアルがないかわりに、
全従業員がクレドカードという
明確な目的を書いたカードを持っています。
そして、従業員は、そのカードの内容にそって行動している
リッツ・カールトン クレド

 リッツ・カールトンはお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することを
もっとも大切な使命とこころえています。

  私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだそして洗練された雰囲気を
常にお楽しみいただくために最高のパーソナル・サービスと
施設を提供することをお約束します。

  リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、
それは、感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感
そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも
先読みしておこたえするサービスの心です。

だから、リッツカールトンでは、高いレベルで他のホテルではできないサービスを提供できている
さらに、従業員一人一人に、顧客を満足させるために一定のお金を使っても良いという
エンパワーメントという仕組みも、サービスを加速させるのに一役かっている

目的を明確にする

自分で決めた目標を繰り返し、繰り返し復習する
目的を書き留めておき、何度も復習する事が定着の秘訣

『自分の目標を書いて何度も復唱しろ』

ステップ3『学習』
成功者に学べ

学習の時間を短縮するには
『他の人がすでに作り上げた成果』=『レシピ』
を自分の物にする

検証.名人と素人

名人と素人の間には、違いをもたらす違いがある

名人はすごい結果を出す
すごい結果を出すには、ワケがある

投資、ビジネス、サービス、料理が上手い人・・・
成功者には、必ず『成功のレシピ』がある

結果の違いを持ちたらす違いをもたらす秘訣がある
それを探し出すと学習が早い

『成功のレシピ』を学べば『学習』が早い
その人がやっている全部を覚える必要はない
試行錯誤で自分だけでやろうとすると時間がかかる

『成功者のやり方を自分のものにしろ』

ステップ4『計画』
時間を無駄につかうな

成功者の人は、時間の管理がすごく上手い
今回は、日産 (NISSAN)  CEO カルロス・ゴーン氏を
例にとってみよう。

カルロス・ゴーン氏の時間管理術Ⅰ

『朝起きると全てが明快になっているんです。
だから、私は、朝が一番好きな時間です。
全ての情報をチェックして、一日のスケジュールの
優先順位をつけます。』

カルロス・ゴーン氏の多くの会議に対応するポイント

『まず、主要な問題が何かということを見極めます。
そして、その上で会議の終了時には回答を出します。
どんな問題であれ、解決しないままにして置く事はありません』

カルロス・ゴーン氏の時間管理術Ⅱ
『優先順位を明確にして、すぐにそれに取り掛かることです
そして、一番大切な事に使える時間を生み出す。
私にとって家族との時間が一番大切、家族と一緒にいる時
私は家族に集中しています。』

よく聞くと思いますが、Time is moneyと聞きますね?

Time is moneyでは足りない
Time is everything、全てなんです。

時間を無駄に過ごす事は、人生を無駄に過ごす事と同じ
人生は、素晴らしい気持ちを得るためにやっているものだ

貴重な時間を、有意義に過ごすためには、
計画が必要になる。
そこで、計画を立てるプロセスを説明したいと思います。

計画を立てるプロセス

感情、結果、行動

1.計画を立てる時に、まずどうゆう感情を得たいのか?
 そこで目標が違ってきます。(ビジョン)

2.どうゆう結果を得ようとしているのか明確にする(明確化)
 
3.最後に、行動
 行動は2の次、3の次
 目標を達成するための行動ををいろいろ入れていく

一つしか行動しなくて、結果が出なくて、得たい感情を得られなくて何になる?

まず感情があり、次に望む結果
その結果に向かって行動を『計画』

成功の秘訣は、最低限の努力で済ます、人生とさよならする事です、
最高限の努力をする人生にする事です。

やる順番が変わるだけじゃなくて
やる中身が変わるだけじゃなくて
やり方そのものが変わらない事には、
本当の時間管理にはならない

やり方そのものを変えて
時間管理=『計画』する

自分が幸せと思う事を最優先しろ

ステップ5『健康』
成功の土台作りは肉体から

O2(酸素)
H2O(水)

健康であろうと思えば、無理のない有酸素運動は、
絶対に必要

飲む水も必要ですが
食べる水も必要

食べる水とは、フルーツや野菜の事です。
水を多く含んだ自然な食べ物をそのまま食べる

健康になろうと思えば、酸素と水

健康は自然の恵みから

ステップ6『感情』
自分の感情をコントロールをする

感情を説明するのに、うってつけの人がいる
シアトルマリナーズのイチロー選手だ

イチロー選手の強さの秘密が一連の動きの中にある

イチローの強さを精神面から分析する
東海大学体育学部助教授 高妻 容一さんの話

自分の気持ちをコントロールする=セルフコントロール
このセルフコントロールが、メンタルトレーニングの大きな目的

イチロー選手がバッターバックスで、毎回同じ動きをしている

たとえば・・・
・打席に入る前の準備運動
・左足から打席に入る
・バットを下から回す
・バットを垂直にかざし、袖をたくし上げる

成功に繋がる動き
パフォーマンスルーティーン
(競技するまでの行動パターン)

パフォーマンスルーティーンとは、
コレとコレの動作をすると自信がつく、集中力が増すといった
成功に繋がるというパターン

自分の気持ちをコントロールして、勝負に集中する
成功への近道は、自分自身に打ち勝つ事にあり

自分の気持ちをコントロールするには?
身体、言葉、解釈

身体
『感情』は『体の動き』から
スキップしながら落ち込めるのか?できっこない

言葉
『言葉』も『感情』と連動している

解釈
『解釈』が『感情』を左右する
解釈とは、物事に対する受け取り方

違う身体、違う言葉、違う解釈をする事で
一瞬にして感情は変えられる

感情をコントロールをするのは、簡単
あれこれ考えて難しくしない事

『感情』は成るものではない、するもの
『感情』は自分でコントロールできる

苦手克服実験
気持ちのコントロール

1.過去の成功体験などを思い出し、
 自分の意識をポジティブにする

2.心と身体をリラックスさせる

3.『苦手』を楽しいイメージに変える

全てをプラスイメージで捉えろ

ステップ7『行動』
とにかく前に進め

ステップ1でも出てきたのだけど
行動するなら思いっきり行動する事
躊躇しては、迷いが出て本来の力が発揮できない

最初から、完璧なものなど何もない
動きながら考える

成功しようと思えば、失敗はありえない
成功するもんだと思う。

問題は、聞いてみるかどうか
とにかく、訊いてみる

多くの人は、行動してもいない、断られてもいないのに、
自分で断られるだろうな、できないだろうなと
間違った判断をし、チャンスを棒に振る

行動するためには、
ネガティブにならないように、感情のコントロールが必要
感情のコントロールについては、ステップ6で話したとおりである

断られてもないのに、諦めるな

ステップ8『改善』
壁に突き当たった時がチャンス

行き詰まった時は、違う事をやれ、何でもいいから

赤ちゃんが歩けるようになるのに、何度失敗しますか?
歩けるようになるまでですよね

人は、生まれながらにして、『改善』が身についている

今、自分がやっている事が、うまくいっていないのなら
他の事をやれ、何でもいいから

成功するまで続ければ、失敗はない

ステップ9『リーダーシップ』
多くの人を夢に参加させろ

最後の成功の秘訣は、助けてもらう事
自分独りでできる事は、たかが知れている

自分独りでできないからといって、諦める必要はない
みんなの力を合わせれば、絶対にできる

大きな夢を描いて、手に取れるほど明確にし
常にそれを語り、それに向かって実際に行動している事を
証明すれば、必ず必要な人や協力者が現れる

そこらにある小さな夢で誰が協力したいと思うだろうか?
いや、思わないだろう。

同じ夢なら大きな夢の法が良い

人は、大きなモノの中に取り込まれたい生き物だ
大きなプロジェクトの一員であると感じたいのだ
周りの人を自分の夢に巻き込もう

人生は『競争』ではなく、『協力』

自分の夢に協力してもらえ

最後のメッセージ

あなたは成功するために生まれてきました。
成功には9つのステップがありますけども
最初の一歩を踏んでみてはいかがでしょうか?

きっとあなたの夢は叶うに違いない

最後に覚えておいて欲しい
あなたは決して独りでやっているのではない
何かしらの力があなたを応援してくれるのです。
                 James Scinner

さらに詳しくは、コチラの本をどうぞ☆

a href="http://click.affiliate.ameba.jp/affiliate.do?affiliateId=12487805" alt0="BlogAffiliate" target="_blank" rel="nofollow">成功の9ステップ/ジェームス・スキナー

img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/511DN3GQRBL._SL160_.jpg" border="0"></a>
¥1,995
Amazon.co.jp

コメント

  • はじめまして。


    私も、ジェームススキナーの本を読んで大きな影響を受けました★

    本当に、人生の核心を突いた教えばかりで
    素晴らしいですよね!

    素晴らしい教えをありがとうございます♪



認証コード9672

コメントは管理者の承認後に表示されます。