髪によいシャンプーの選び方を教えて!

髪によいシャンプーの選び方を教えて!
市販のものからサロン専売品まで、幅広い値段で、
数え切れないぐらいの種類のシャンプーが販売されています。

ひと言でおすすめといっても、値段を重視するか内容を
重視するかで選び方も変わってくるのですが、
今回は髪によいシャンプーの基本として覚えておいて欲しい
“成分”で見る選び方をお教えします。

◆おすすめのシャンプーって?
例えば、パッケージの裏の全成分表示を見たときに、
●●ベタイン、ココアンホ●●、ココイル●●、ラウロイル●●などの
成分が含まれているもの。

これらの成分が主成分になっているものを、
アミノ酸系や、ベタイン系、両性系のシャンプーと言います。

成分表示は含まれる割合が高いものほど前に表示されているので、
こういった成分が前のほうにあるものがよいでしょう。

美容室で販売しているシャンプーは、このタイプのものが主流。

これらのシャンプーは優しい洗浄力で、髪の汚れは落としても、
必要以上に髪の成分を流出させません。

また、汚れを落としながら、髪の栄養となるたんぱく質の
成分を髪にくっつける効果があるので、
洗浄と一緒に傷んだ髪を修復することができます。

実はよいシャンプーは、泡立てて放置すれば、
栄養補給もできるのです。

◆避けたほうがよいシャンプーって?
まず一番覚えておいて欲しいのが、
石油系のラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、
「ラウリル」と「硫酸」がつく成分。旧厚生省が定めた、
アレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある
成分(表示指定成分)で、この一つを避けるだけでも、
約90%の悪いシャンプーを避けることができます。

また、同じ石油系のラウレス系
(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEAなど)の成分が、
成分表示の前のほうに来るものも避けたほうが無難でしょう。

これらのシャンプーは洗浄力が強すぎるため、
頭皮や髪そのものに必要な脂質まで取り過ぎてしまいます。

皮膚に残りやすく、毛根などに悪影響をおよぼすことも。

パーマやカラーのくり返しなどで傷んでいる現代人の髪は、
髪を守っているキューティクルがはがれたり、
ささくれたりしているので、髪の内部の栄養が
抜けやすくなっています。

そこに洗浄力の強いシャンプーを使うと、
シャンプーするたびに髪の傷みが激しくなることに。

また、カラーの色あせが早くなる、
パーマのウェーブがだれるなどのデメリットも。

健康な髪への第一歩は、トリートメントより、
まずシャンプーを変えること。

一度試してみてはいかがでしょうか?

シャンプーについての追記です。

合成界面活性剤は、たんぱく変性を起こす。

たんぱく変性とは?

人間は「たんぱく質」で出来ています。
人の細胞一つ一つとっても、その細胞膜でさえ「たんぱく質」です。

合成界面活性剤はそのたんぱく質を溶かしてしまう作用があるのです。

たんぱく質が溶けるとどうなるか。
人の皮膚はあらゆる外的から守る役目をしており、
本来は皮膚からは何も入り込めないのですが、
合成洗剤はたんぱく質である皮膚を溶かし、通り抜けてしまいます。
これは大変恐ろしいことです。

合成シャンプーで洗ったあと、よくすすげば何も残っていないように見えますが、
実は0、57%は体内に入り込んでいます。

そして1ヶ月は体内に残留したままです。

このようなものを毎日使用し続けたらどうなるでしょう。
微量とはいえ、徐々に蓄積された「たんぱく変性物質」が、
臓器のあちこちに悪さをしないはずはありません。

石鹸について
石けんはある意味、合成界面活性剤です。

せっけんは脂肪酸と水酸化Naや水酸化Kを混ぜて作られます。
水酸化Na,Kというのは強アルカリ性で、劇物指定されています。

石けん(カリ石けん素地)はアルカリ性です。

頭皮は本来弱酸性です、
アルカリ性のせっけんで洗ったらいいわけがないのです。。

弱アルカリにさらすことで肌が柔軟になったりする効果はありますが、
弱った頭皮などには絶対向いてません。

石けんの脱脂力は非常に強い
髪のキューティクルはアルカリに触れると開いてしまい、
内部のアミノ酸などが流出してしまいます。

肌への残存性はラウリル硫酸より石けんの方が多い

弱酸性(pH4~6)ではいかに肌への刺激が少なくなる

せっけんも毛穴などに残留しやすく、
殺菌力もある成分ですから頭皮に大きな負担をかけます。

残留したものの上に例えばパーマ液をかけたらどうなるでしょうか?
脱毛剤の出来上がりです(チオグリコール酸カルシウムなど)。

結論
敏感肌の方や、薄毛に悩む方には向かないのがせっけんシャンプーであるシャンプーについての追記です。

合成界面活性剤は、たんぱく変性を起こす。

たんぱく変性とは?

人間は「たんぱく質」で出来ています。
人の細胞一つ一つとっても、その細胞膜でさえ「たんぱく質」です。

合成界面活性剤はそのたんぱく質を溶かしてしまう作用があるのです。

たんぱく質が溶けるとどうなるか。
人の皮膚はあらゆる外的から守る役目をしており、
本来は皮膚からは何も入り込めないのですが、
合成洗剤はたんぱく質である皮膚を溶かし、通り抜けてしまいます。
これは大変恐ろしいことです。

合成シャンプーで洗ったあと、よくすすげば何も残っていないように見えますが、
実は0、57%は体内に入り込んでいます。

そして1ヶ月は体内に残留したままです。

このようなものを毎日使用し続けたらどうなるでしょう。
微量とはいえ、徐々に蓄積された「たんぱく変性物質」が、
臓器のあちこちに悪さをしないはずはありません。

石鹸について
石けんはある意味、合成界面活性剤です。

せっけんは脂肪酸と水酸化Naや水酸化Kを混ぜて作られます。
水酸化Na,Kというのは強アルカリ性で、劇物指定されています。

石けん(カリ石けん素地)はアルカリ性です。

頭皮は本来弱酸性です、
アルカリ性のせっけんで洗ったらいいわけがないのです。。

弱アルカリにさらすことで肌が柔軟になったりする効果はありますが、
弱った頭皮などには絶対向いてません。

石けんの脱脂力は非常に強い
髪のキューティクルはアルカリに触れると開いてしまい、
内部のアミノ酸などが流出してしまいます。

肌への残存性はラウリル硫酸より石けんの方が多い

弱酸性(pH4~6)ではいかに肌への刺激が少なくなる

せっけんも毛穴などに残留しやすく、
殺菌力もある成分ですから頭皮に大きな負担をかけます。

残留したものの上に例えばパーマ液をかけたらどうなるでしょうか?
脱毛剤の出来上がりです(チオグリコール酸カルシウムなど)。

結論
敏感肌の方や、薄毛に悩む方には向かないのがせっけんシャンプーである

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード8107

コメントは管理者の承認後に表示されます。