カラーリングは目の色で選ぶ?

カラーリングは目の色にあわせるといいと聞きましたが、本当ですか?

(A)
一般的に、パーソナルカラーと呼ばれるカラーコーディネイトの
世界観の中では瞳の明るさに近く、
肌色と同系色のブラウンが似合うといわれています。

瞳や肌色にフィットする色を選ぶ事で、顔色のトーンが明るく見え、
若々しく見せることができます。

逆にそうでない色を顔の周りに持ってくると、顔色が悪く見えたり、
老けて見えたり・・・とマイナスの要素が働いてしまう事も。

自然に仕上げたいのであれば、瞳の黒目部分の明るさから
プラス・マイナス2レベル程度の範囲がよいとされます。

肌のタイプはブルーベースとイエローベースの2つのパターンに分け、
明度の高低を組み合わせた4つの分類の中から、
調和する色を診断していきます。

一言でピンクやベージュなどと言っても、実際には明るさ、鮮やかさ、
色味の要素によって無数の色があるので、
一言で“ピンク”といっても、似合うものもあれば、似合わないものもあります。

その中からどんな色が似合うのかを選んでいくのです。

ただし、実際のヘアカラーでは、こういった理論を基本におきながら、
髪の状態やデザインなども考えて色を選んでいきます。

髪は健康なのか、傷んでいるのか。
艶やかに見せたいのか、透明感を出したいのか。
フェミニンが良いのか、大人っぽくなりたいのか。
ウェーブヘアなのか、ストレートなのか。
ロングなのかショートなのか。
普段はどんなファッションを身に着けるのか。

そういった要素一つ一つとヘアカラーがかみ合っていなければ、
たとえ似合うとされている色に染めても、ちぐはぐな印象になって
しまいます。

「私は絶対にこの色でなくちゃ」などと固定観念にとらわれず、
信頼のおける美容師さんと相談しながら、本当になりたい自分に
あわせて色を選んでいくのが、成功の秘訣といえるでしょう。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード1168

コメントは管理者の承認後に表示されます。