自分でするカラーリング、どうして危険なの?

お金がないので、お店で売っているカラーを買ってやってみました。
ムラになって美容院で直してもらったんですが、そのとき美容師さんに、
あんまり自分でカラーしないほうがいいよって言われました。
どうして駄目なんですか?

自分でするカラー、「セルフカラー」のトラブル相談が増えています。
安くあげるはずが、失敗して美容室で直してもらって結局高くついたり、
ひどく傷んだり・・・

美容室のカラーと、自分でするカラーって、
何が違うのでしょうか?

(Q)カラー剤の違いって?
(A)
市販されているカラー剤は、たいていがアルカリカラー剤。
アルカリカラー剤の効果は大きく2つで、
髪の色を明るくするブリーチ効果と、好みの色に染める効果があります。

まず、市販のカラー剤とプロ向けのカラー剤では、
同じアルカリカラー剤でも、ブリーチ効果に違いがあります。

市販のカラー剤は、ブリーチする際の薬の強さが一種類しかなく、
法律で制限された上限に近い強いものがほとんどです。

明るくしなくていい場所にも、同じ薬でトーンアップするため、
必要以上に髪を傷めてしまいがちです。

プロ向けのカラー剤は、ブリーチ効果の強さも、
強いものから弱いものまで種類が多く、根元と毛先で使い分けるなど、
最低限のダメージにおさえることができます。

また、プロ用であれば色の種類も多く、混ぜてもにごりにくいように作られているので、
無数の色を作ることが可能。
染める場合も、好みの色に近づけやすくなっています。
アルカリカラー剤以外にも、マニキュアやトナー、
草木染めや酸性カラーなど、美容室によって目的に応じて
色々なカラー剤を使い分けています。
そのため、傷みだけでなく、仕上がった色の質も変わってくるんですよ。

(Q)染め方の違いって?
(A)
美容室では、仕上げたい髪の色や、現在の髪の色、
ダメージの状態をチェックして、使うカラー剤をたくさんの中から選びます。

一色に染める場合でも、何種類ものカラー剤を混ぜたり、
ぬり分けたりしているんですよ。

染める前後にダメージを抑えるためのトリートメント処理をしたり、
カラー剤に専用のトリートメントを混ぜるなどして、
傷みの度合いによってケアしながらカラーをしています。

また、元の髪の色やコンディションによって、
同じ色のカラー剤を使っても別の色に仕上がるので、
色の選択は注意が必要。

同じカラー剤を使ったら、同じ色になるというのは誤解なんですよ。

また、プリンになった根元の暗い部分を自然になじませるために、
根元や毛先などで違う強さ、色のカラー剤を使います。

カラー剤をぬってから放置する時間の違いでも色が変わるので、
ぬるときの時差も考えています。

また、肌が弱い人には頭皮を保護したり、
頭皮につかないようにぬるなどの配慮もしますよ。

放置する時間によってダメージの度合いも変わってくるので、
洗い流すタイミングにはかなり注意をしています。

他にも、傷みを避けるために髪の全体を染めずにカラーをしたり、
髪にすじ状で明るい色を入れるハイライト、暗い色を入れるローライト
などの技術を使って、動きを出したりすることも。

カラーと一言でいっても結構奥が深いんです。

(Q)美容師さんがセルフカラーをおすすめしない理由って?
(A)
カラー剤は薬品で、取り扱いをあやまればとても危険なもの。
髪に対しての専門的な知識が必要なんです。

これは自分でするストレートパーマなどでも同じこと。

お客様の髪を扱うために、美容師は国家資格をとり、
資格をとった後も、ウィッグ(カツラ)や練習モデルで何度も何度も練習します。
もちろん髪のことや、色々な薬剤についても、
日々勉強しているんですね。

セルフカラーをする場合は、こういった勉強を自分でするのは
難しいので、色の選択を間違えたり、放置しすぎて髪をボロボロにして
しまったり、色がきちんと入らなかったり、
ムラになってしまったりするようです。

美容師自身も、髪を切ったり染めたりするときは、
自分ではしないんですよ。

今のカラーリングは、昔のように明るい茶色にするだけが目的ではなく、
明るくしたり、暗くしたり、ニーズはさまざま。

根元は暗く、毛先は明るいなど、染める前の明るさも一定ではないことがほとんどで、
傷んだ髪の人も増え、カラーはどんどん難しくなっています。

セルフカラーで失敗して、美容室に駆け込むお客様も増えています。
でも、一度傷んでしまったり、ムラになってしまった髪は、
いくら腕のある美容師でも、直せないことが多いんですよ。

そうなってしまう前に、美容室でのカラーリングが、
やっぱりおすすめなんですね。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード6577

コメントは管理者の承認後に表示されます。