進化するパーソナルカラー

・・・っと言っても当たり前の事なんで
そんな大げさなっと思うけど、
意外と興味を持たれるので書いておきます。

パーソナルカラーってこんなの

肌の色や瞳の色が一人一人違うように、人それぞれ似合う色があります。
パーソナルカラー診断とは、似合う色の傾向を把握し、
個性やライフスタイルに合わせたスタイリングを考えていく手法

でもねでもね!

見てくれているあなたに質問なんですけど
女性の方でスッピンで歩いている人っていますか?

よほど素材が良い人か、女を捨てている人以外は
みんな化粧していますよね

ファンデーションも乾燥やオイリーとかだけじゃなくて
色味を抑える補色とか入っちゃってます

例えば、赤ら肌のりんごちゃんには、マット(緑系)の補色で
赤みを抑えるものを使っているだろうし

逆に顔色悪い人には、血色のよい色白肌に仕上げるピンクとかが入っています。

※ここで言うピンクは専門家の人が見るとちょっと
突っ込まれますがメインは、一般の方に書いてるので
カンベンしてください 笑

っとなると元の肌色で診断してしまうと、
補正されている分、ズレが生じてきます

いつも使っているファンデーションをつけた上で、色の診断をすると解決できます。

あと、季節によってどうしても日焼けするので、一年通して同じ色のファンデーションだと
浮いてしまいます。季節によってファンデーションは変えた方が良いです

瞳の色に関しては、カラコンとかあるので今はフリーダムな感じですね

日本人には、8トーンまでしか似合わないっと外人のカラーリストが
以前言ってました。

・・・が実際はもっと明るく染めている人も多いし、最近の若い衆は
食生活なのかなんなのか、髪の明度が上がり、クセ毛の人が増え
欧米化しているのでちょっと変わってきています。

せっかくなので、もう1つ
個人の固定概念があります

『私にはこの色は絶対似合わないから・・・』
『私にはこの色しか絶対似合わない!』

っと言ったある種の自己暗示というか
決めつけがあったりするんですよね

自分で自分の似合う色を知っている人ってなかなか少ないんですよね
さらに、決めつけフィルターがかぶさる事で更に選択肢を狭めてしまいます。

よく居るじゃないですか、明らかに似合っていない
ショッキングピンクとか真っ赤の口紅を塗っているおばちゃん 笑
あれが思い込み、決めつけの力です。
恐ろしいですね 笑

だから、第3者の目で診断して貰う方が的確な自分色を見つけやすいように
思います。

一番は、自分に似合う色はどんなんだろうなぁーって
楽しくワクワクしながら探すのが良いと思います。

先日、カラーに関して詳しい人と知りあいました。
皆さんも一度覗いて見てくださいね☆彡

可愛い人ですよ←ここ重要 笑

華田真実さん

【心斎橋発】カラーで魅力を操るマジシャン華田真実
☆☆カラートリックで心も姿もキラキラに☆☆

カラーチャームコンサルタント 華田真実が、
カラー体験談や日々の思いを鮮やかに綴った
カラフル&キラキラブロク♪♪
http://ameblo.jp/mamirinn777/

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード6827

コメントは管理者の承認後に表示されます。