デジタルパーマって何?

Q.最近よく聞くデジタルパーマってなんですか?
普通のパーマと何が違うんですか?教えてください!

A.もうすっかりおなじみになった「デジタルパーマ」という言葉。
でも実際は何が普通のパーマと違うの?
聞かれると答えられない素朴な疑問。
大きな違いはあるのでしょうか。

(Q)デジタルパーマと普通のパーマ、どう違うの?
(A)普通パーマとデジタルパーマ、
一番の違いはウェーブの出方と質感ですね。
<普通のパーマの場合>
コールド式パーマ、コールドパーマと呼ばれる普通のパーマは、
髪がぬれているときに強くウェーブが出て、
髪が乾くとウェーブがゆるくなります。
しっとりとした束感のあるウェーブになるのが特徴です。

<デジタルパーマの場合>
デジタルパーマでは、髪がぬれているときにはあまりウェーブが出ず、
髪が乾くとウェーブが強くなります。
カールアイロンやホットカーラーで巻いたときのような、
乾いた感じのカールがでるのが特徴です。

熱を加えてかけるので、コールド式パーマに対して、
ホットパーマとも呼ばれます。

どんなタイプの縮毛矯正がかかっているか分からない場合は、
髪の毛を一度濡らして触るとわかることもありますので、
美容師さんに見てもらうのも一つの手段。

(Q)デジタルパーマってなにがデジタルなの?
(A)デジタルパーマでは、パーマをかけるときには機械を使います。
その機械がデジタル表示であることから、
デジタルパーマと呼ばれるようになりました。
パーマをかける作業自体は、実際はとてもアナログですよ(笑)。

(Q)ホットパーマや巻き髪パーマ、形状記憶パーマとはどう違うの?
(A)どれも同じパーマです。デジタルパーマという名称は、
実はあるメーカーの商標になっているので、他のメーカーでは使えません。
また、デジタルパーマは新しい技術。
出始めの頃に美容室やメーカーがオリジナルの名前で売り出したりしたので、
色々な名前がうまれました。

ウェーブの形を髪が覚えるので形状記憶パーマ、
コテで巻いたようなカール感が出せるので巻き髪パーマ、
といった風です。

美容業界では、ホットパーマと呼ばれるのが一般的になっています。
お客様の間では、デジタルパーマという名前が定着してきているようですね。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード3201

コメントは管理者の承認後に表示されます。