パーマに向かない髪質は?

Q.パーマをかけたばかりなのですが、次の日の朝にはパーマが
取れて元のストレートに近い状態になってました。
パーマがかかりにくい、パーマヘアに向いてない髪質ってあるのですか?
A.どのような髪質ならパーマがかかりやすいのか、
また、どんなパーマが自分の髪質に適しているのかを、
実際にパーマをかける前に知っておきましょう!

(Q)どんな髪質がパーマに不向きなの?
(A)髪のダメージがひどく、髪の主成分となるタンパク質が流出してしまっている髪や、
キューティクルが丈夫でパーマ液が浸透しづらい髪は
パーマがかかりにくい髪質です。

また、白髪などがそうですが、
撥水性で薬液をはじいてしまう髪などもかかりにくいですね。

他にも、柔らかい髪には形はつきやすいですが、
それを維持する力がありません。

逆に硬くコシのある髪には形はつきにくいですが、
一度形がついてしまえばそれを維持する力があります。

例えばダメージによりタンパク質が毛髪外に流出してしまっている場合は、
髪そのものが柔らかくなっているため、パーマの持ちが悪くなります。

キューティクルが丈夫でパーマ液が浸透しづらい髪は、
パーマはかかりにくいものの、一度かかると長く持ちます。

ただ、もしあなたがパーマがかかりにくい髪質であっても、
ケア方法やスタイリングの仕方で変わってくるので、
まずはスタイリストさんに自分の髪質やなりたいパーマスタイルについて、
じっくりと相談してみましょう。

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード3442

コメントは管理者の承認後に表示されます。