薄毛・抜け毛 タバコ、アルコール、帽子、枕などの生活に密接した事

タバコ、アルコール、帽子、枕などの生活に密接した事をお話します。

タバコ
本気で育毛するならタバコはやめましょう。

科学的に言えば、
喫煙が「育毛に悪い」か「育毛とは関係ない」かは
はっきりと解明できてはいないようです。

少なくとも体にいいものではありませんし、
育毛にプラスになるものでもありません。

タバコを吸うと抜け毛が増える、とまでは言いませんが、
育毛の阻害をする事は間違いありません。

喫煙により血管が収縮し血行が悪くなるということもありますが、
それ以上に「喫煙によるビタミンCの破壊」が最もやっかいです。

タバコを吸うと、腸壁からのビタミンC吸収率が低下する
うえに体内でのビタミンCの代謝が早まります。

ビタミンCは抗酸化作用を持ち、活性酸素の除去、抗ストレス、
免疫機能の増加作用等さまざまな働きをします。

そのビタミンCが喫煙によってどんどん失われていくのです。

大きなストレスを抱えてまで禁煙するのは
逆効果かもしれませんが、出来ることならば
タバコはやめて下さい。

もしどうしてもタバコがやめられないので
あれば非喫煙者よりもビタミンCを多く取ることを
心がけましょう。

アルコール
お酒は飲み過ぎない

ほどほどの飲酒であれば問題なし

適度のお酒は血行も良くなるしストレス解消にもなる
ので推奨します。

しかし、いくらストレス解消になるからと
言っても飲み過ぎはいけません。

アルコールの分解は肝臓で行われますが、
この分解にはシステイン等のアミノ酸が使われます。

これらアミノ酸は毛髪の形成、コラーゲンの生成に
使われますので、過度のアルコールを摂取すると
アルコールの分解で全て消費されてしまい、
毛髪の形成が追いつかなくなってしまいます。

睡眠の質にも影響するので、体が休めない状態になり
睡眠不足にもなるそうです。

酒は百薬の長、されど薬と毒は紙一重です。
あくまでほどほどに、楽しくお酒を飲みましょう。

帽子 (かぶり物)
夏の日差しの強い日など、帽子などをかぶったほうが、
紫外線による髪や頭皮へのダメージを防ぐことが出来ます。

紫外線対策や朝セットするのが煩わしい時の必須アイテム帽子
しかし、帽子を洗っている人は少ないと思います。

中にはスタイリング剤をつけたまま帽子を被る人もいます。

帽子などのかぶり物も抜毛の原因とよく言われることですが、
直接の関係はありません。
ただし、まったく「薄毛や脱毛症との関係が無い」
というわけでもありません。

長時間、帽子やヘルメットをかぶったままの状態でいると、
頭が蒸れ、汗をかきやすくなります。

雑菌などが繁殖しやすい状況を作り、
匂いの元や不衛生になりがちです。

帽子やヘルメットをかぶる機会が多い方は、
定期的に風通しをよくして、こまめに汗を拭くように
心掛けてください。

ヘアスタイリング剤などをつけたまま被ったりしていると
汚れが溜まってしまい不衛生になってしまいますので
こまめに、洗濯や乾燥をさせて清潔な状態にしておきましょう。


枕もかぶり物と同じ事がいえます。
毎日枕シートを変えるとか、清潔なタオルを巻くなどすると
良いでしょう

以上です。

毎日の習慣になっているものの中にも、抜け毛や薄毛のリスクが存在します。
知っているだけでも、意識的に注意がいくようになり
薄毛リスクを軽減できます。

なお、習慣が定着するのは約3ヶ月ほどかかると言われていますので
まずは3ヶ月意識してみてくださいませ

あなたの髪の悩み・ヘアスタイルに関する情報を載せ、
お客様に役に立つサイトを目指し「キレイ」「カワイイ」「カッコイイ」を実現します。
ぜひ参考にしてくださいませ☆彡
何でも聞いてねー

お問合せはこちらから
http://sabbath.chu.jp/

コメント


認証コード6705

コメントは管理者の承認後に表示されます。