プロとはなんや?

「医・食・住」を土台としたサービスを提供されている
ゼモグループ 代表取締役 風本 泰士 氏の
記事を貸して頂きました

ゼモグループ
http://www.zemogroup.com/

ここから☆彡

プロとはなんや?

  • プロは100%で仕事を仕上げない。

なぜなら、プロの仕事に言い訳は通用しない。

必ず、相手(顧客)の期待する目的を達成しなければならない。

料理において、自分の100%は、必ずしもお客様の100%にはなりえない。

老若男女を問わず、あらゆる客層に及第点をいただけるようにするのがプロである。

自己満足の仕事は、一部のファンには、諜報されるが、プロの仕事とはいえない。

常に80%の力で顧客の満足を得られる実力を身につけ、
残りの20%は、最後の切り札として温存する必要がある。

常に自分の100%を高めることで、80%のレベルアップを図る。

アマチュアは完全燃焼で、失敗が許されるが、プロの仕事は、失敗が許されない。
失敗は、弁済や何らかの形で責任を取らねばならない。

プロとは、どういう人をさすのだろう?

私は、こう考えている。

一、プロの仕事とは、自ら「創る」もので、与えられるものではない。

一、プロとは、仕事に命をかける人である。

一、プロとは、自分の仕事に誇りを持つ人である。

一、プロとは仕事にムラのない人である。

一、プロとは、高い目標に向かって邁進する人である。

一、プロとは、甘えない人である。

一、プロとは、能力の向上のために努力する人である。

私は、○○のプロです。

と、本当に胸を張って言えるだろうか?

常に自問自答し続ける永遠のテーマである。

すばらしい
非常に興味深い記事でした

プロとは仕事にムラのない人である。・・・
プロとは、甘えない人である。・・・

顧客から見た時に、本当にそうなのか?
本当に甘えていないのか?

まだ、自問自答し、深く考えた時に凹みます。

今の自分の 行動は? 態度は? 発言は?
プロフェッショナルのあるべき姿をしているのか?

プロフェッショナルとして
常に意識して行きたい事項ですね

コメント

  • 無題


    いい心がけやね

    プロとは

    へたくそでも何でも

    お金をもらった時点からプロ


  • Re:無題


    >hair-salon-umoreさん

    常に完璧を目指す姿勢は必要ですね
    プロとして☆彡

    貰ったお金以上を提供したいです



認証コード8204

コメントは管理者の承認後に表示されます。